無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン史上最大サイズ「Echo Show 15」が「もっと大きくてもいい」と思った理由

Echo Show 15 正面

15.6インチのタッチディスプレイを搭載したEcho Show 15が日本に上陸した。

撮影:小林優多郎

アマゾンは4月7日から、新型スマートディスプレイ「Echo Show 15」の出荷を開始した。直販価格は2万9980円(税込)。

Echo Show 15は、スマートアシスタント「Amazon Alexa(アレクサ)」を搭載したディスプレイだ。

同シリーズの中では最大サイズとなる15.6インチフルHD(1920×1080ドット)解像度のタッチ対応ディスプレイを搭載している。

同機種のファーストインプレッションをお送りする。

「ウィジェット」があるならもっと大きくてもいい

Echo Show 15の実機を触っている様子。

撮影:山﨑拓実

筆者は歴代Echoをレビューしており、自宅ではそこそこ大きい10.1インチディスプレイ搭載の「Echo Show 10」を愛用している。

2021年9月にアマゾンがEcho Show 15を発表した際、「こんな大きい画面なんて何に使うんだろう」と素直に感じた。Echo Show 10でも、画面を使うのはAmazon プライム・ビデオなどを料理の間にたまに見るぐらいで、大きい画面で見たいならリビングのテレビで見るからだ。

ウィジェット

Echo Show 15のホーム画面には最大6つのウィジェットを同時に配置できる。

撮影:小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み