無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ワッパーが広告より小さい」と米バーガーキングを提訴…食品業界の広告に対する訴訟が急増中

624c52c116e2c400196668ac

Mary Meisenzahl/Insider

  • アメリカでバーガーキングの広告が商品のサイズについて誤解を招くとして、新たな集団訴訟が起こっている。
  • 原告側は損害賠償と広告の中止を求めている。
  • ファーストフードチェーンは通常、悪評を避けるため、このような訴えを和解で解決することが多い。

アメリカで、バーガーキング(Burger King)の看板メニューのワッパー(Whopper)を含む商品が顧客を欺いていると主張する新たな訴訟が起こっている。

原告が集団訴訟の適用を求めているこの訴訟では、バーガーキングが広告でハンバーガーを実際よりも大きく偽って表示していると主張している。特にワッパーは、実際の商品より35%大きいサイズで表示されていると、ソーシャルメディア上の食品評論家の話を引用し、訴えている。

訴状では、「バーガーキングの広告でワッパーのサイズが著しく大きくなっているが、ワッパーに含まれる牛肉や材料のレシピや量はこれまでと変わっていない」としている。

原告は、2017年9月以降にバーガーキングで「誇張された」メニューを購入した客の代表として、損害賠償と誤解を招くような広告の中止をバーガーキングに求めている。

「インフレで食料品や肉の価格が非常に高く、多くの消費者、特に低所得が経済的に苦しんでいる今、バーガーキングの行為は特に問題である」とも原告は述べている。

バーガーキングの広報担当者は、「係争中あるいは訴訟の可能性がある」ものについてはコメントしないと述べた。

ファーストフードチェーンの広告を虚偽だと非難する訴訟は頻繁に起きている。「訴訟の規模に関係なく、企業は悪評を避けるため、迅速に和解することが多い」とレストラン・ビジネス・マガジン(Restaurant Business Magazine)のジョナサン・メイズ(Jonathan Maze)はNBCニュース(NBC News)に語っている

バーガーキングは2020年、イギリスで植物由来の商品、レベル・ワッパー(Rebel Whopper)の広告停止を命じられている。同国の広告基準委員会は、「この商品はマヨネーズを含んでおり、肉製品と一緒に調理されているにも関わらず、ビーガンやベジタリアン向けであるとするのは誤解を招く広告だ」と判断した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み