無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スマホでテレワークしたい。そんな人のためのキャリングケース「スマートフィット」

画像

Photo: 田中宏和

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

出先で10~30分だけテレワークする必要があるとき。わざわざノートPCを持ち運ぶか、スマホだけで済ませるか、悩ましいところだろう。

スマホだけでテレワークするメリットは、もちろん荷物が少なくて身軽というところ。しかしスマホでの文字入力は、文字量が増えれば増えるほど、ストレスを感じるものだ。

やはり、最低でも外付けキーボードは欲しくなるところ。

画像

Photo: 田中宏和

そこでご紹介したいのが、リヒトラブ の「スマートフィット A7574-24」だ。これは、身軽に出かけたいものの、すきま時間でちょっとだけテレワークする必要がある、という人に使って欲しいキャンリングケース。

スマホにモバイルキーボード、ペン、メモ帳などを収納できるので、その気になれば本格的なテレワークも可能になるものだ。

最低限必要なアイテムに絞って身軽に

画像

Photo: 田中宏和

バックパックやショルダーバッグを使うなら、ノートPCやタブレットを持ち運んだほうが、テレワークが快適になるのは間違いない。

でも、あえてスマホでテレワークしたいという人にとっては、身軽さこそが最重要ポイント。

ベルトに通してヒップバッグとしても使えるスマートフィット A7574-24」なら、必要な機器をしっかり収納しつつ、軽快なフットワークを実現してくれる。

ちなみに、筆者が愛用している折りたたみモバイルキーボード「MOBO Keyboard2」と、クリップ付きモバイルマウス「CapClip Pro」なら、「スマートフィット A7574-24」との相性もピッタリだ。

画像

Photo: 田中宏和

テレワーク体制に展開すれば、ご覧の状態に。

画面サイズの小ささは、気にならないと言えばウソになるが、モバイルキーボードさえあれば、少なくともソフトウェアキーボードに画面を占拠されることがなくなる。

身軽さを重視するなら、これはこれでアリという線だろう。

モバイルマウスをスタイラスペンに替えれば、さらなるコンパクト化も可能になる。

周辺機器を安心して運べるクッション外装

画像

Photo: 田中宏和

外装には、クッション性のあるスポンジを内蔵。移動中、壁などにちょっと当てたくらいでは、特に気になることもない。

ヒップバッグとして使うためのベルト通しも2本装備。カラビナなどでぶら下げるタイプより安定している点も、見逃せないところだ。

自転車で渋滞を回避しつつ軽快に目的地へ赴き、サッとテレワーク完了、といった使い方にピッタリ。

バッグインバッグとして使うのも、悪くないだろう。

(文、写真・田中宏和/Source: Amazon.co.jp 1, 2, 3

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み