無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


まずはスクワットをマスターすること…強健な体を得るための最高のエクササイズ

マット・フレイザーは、クロスフィット・ゲームズで5連覇を達成した。

マット・フレイザーは、クロスフィット・ゲームズで5連覇を達成した。

Buttery Bros/Resurgence

  • マット・フレイザーは、2016年から2020年までクロスフィット・ゲームズで5連覇を達成し「地球で最も強健な男」の称号を獲得した。
  • 引退したフレイザーは、クロスフィットアスリートのエリートに指導を始め、自身のトレーニングアプリも作成した。
  • 健康を手に入れるためにマスターすべき動作のNo.1はスクワットだと、彼はInsiderに語った。

マット・フレイザー(Mat Fraser)は、2016年から2020年までクロスフィット・ゲームズで5連覇を達成し「地球で最も強健な男」の称号を獲得した。2021年2月、フレイザーはクロスフィット競技からは引退したが、だからといって彼はトレーニングのペースを落としたわけではない。

フレイザーは、これまで以上に多忙な日々を送っているとInsiderに語った。自身のフィットネスを維持するだけでなく、新しいワークアウトアプリ「HWPO Training」を通じて、クロスフィットのエリートたち(2021年のチャンピオンのJustin Medeirosや新星Mal O'Brienなど)や一般の人々をトレーニングしているのだ。

HWPOとは「Hard Work Pays Off(努力は報われる)」の略で、フレイザーはこれを自らの信条としている。

クロスフィットでは、さまざまな種目をこなすことが求められるが、健康や体力づくり、減量、筋肉増強のいずれにおいても、スクワットをマスターすることが重要だとフレイザーは言う。

スクワットは健康づくりと体力向上に最高の種目

クロスフィットや筋力トレーニングの初心者にとって、まずはテクニックを身につけることが重要だとフレイザーは言う。

「重いバーベルを上げたり、高度な技術を必要とする動作に、早い段階で挑戦するのはやめた方がいい」と彼は言う。

「他の人が楽しくて魅力的なことをやっているのを見ると、最初のうちはもどかしいかもしれない。だが、下準備をしてしっかりとした土台を築くことは、その後の競技人生において、大きな財産になるだろう」

フレイザーは、強健な体を手に入れたい人にスクワットをマスターすることを勧めている。スクワットは複合運動、つまり複数の筋肉群を使う運動だ。

「適切に行うスクワットは、おそらく生涯にわたってより良い生活や健康な体を手に入れるための最高の動作の1つだろう」彼は言う。特に上半身でウェイトを持ちながら下半身を動かすことは「とても効果がある」という。また、バックスクワット(バーベルを肩に背負って行うスクワット)がきちんとできれば、椅子から立ち上がるときや箱を運ぶときなど、さまざまな動作に応用できるという。

スクワットをする際にやりがちな失敗は、適切な指導を受けず、正しいやり方を学ばないことだとフレイザーは考えている。そのせいで、特に重いウェイトを持ち上げるときなどに怪我をする可能性がある。

フレイザーは筋トレと「ハネムーン」を過ごす

フレイザーはもう競技には出ていないが、週に6日はトレーニングをしており、さらに筋力を鍛えることも楽しんでいるという。

「私は今もトレーニングとハネムーンを過ごしているようなもの」と彼は述べ、いつも息が切れるような動作ではなく、自分のペースで時間をかけて動作をできるところが気に入っていると付け加えた。

クロスフィットアスリートのマル・オブライエン選手(左)を指導するフレイザー(右)。

クロスフィットアスリートのマル・オブライエン選手(左)を指導するフレイザー(右)。

HWPO

「できなくなるまでを1セットとして繰り返し、セット間は3、4分休むという新しいスタイルのトレーニングが本当に楽しい」とフレイザーは言う。

フレイザーによると、初めの頃は特に目標もなく、モチベーションを保つのに苦労したという。そこで、ベンチプレスやデッドリフトなどで自分に合った目標を設定するようになった。

「私が重視しているのは、一般的な健康づくりやフィットネス、そして楽しい時間を過ごすことだ」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み