無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


台湾で最もリッチなのは「謎の靴王」…養豚場で靴製造を始めた立志伝中の人物

 Shoes line the shelves at the Nike store on December 21, 2021 in Miami Beach, Florida.?

2021年12月21日、フロリダ州マイアミビーチにあるナイキショップの棚に並ぶシューズ。

Joe Raedle/Getty Images

  • 台湾一の富豪、張聰淵はナイキなどのブランドの靴を製造し、117億ドル(約1兆4476億円)の富を築いた。
  • 74歳の張は、フォーブスの「世界の億万長者番付」で163位にランクインした。台湾では第1位だ。
  • 張は台湾の養豚場を買い取って、そこで靴製造のビジネスを始めたという慎ましい経歴の持ち主でもある。

彼は最初は養豚場で製靴事業を始めた。世界の有名ブランドのスニーカーを製造することで117億ドルの富を築いた張聰淵(Zhang Congyuan)は、台湾で最も裕福な人物だ。

74歳の張は、2022年のフォーブス(Forbes)の「世界の長者番付(Forbes' annual World's Billionaires' List)」で163位になった。

張の創設した宏福実業集団は、ナイキ(Nike)、アグ(Ugg)、ヴァンズ(Vans)などのブランドの靴を生産している。ブルームバーグ(Bloomberg)によると、同社は年間1億8000万足以上の靴を生産しているという。

その成功の一方、張はインタビューやイベントにはほとんど登場せず、目立たない存在だ。台湾のメディアは、彼を「謎の靴王(mysterious shoe king)」と呼んでいる。

それは慎ましい始まりだった

台湾のビジネスウィークリー(Business Weekly)によると、張は台湾の田舎町、雲林の農家に生まれ、農業大学を卒業後、婦人靴の工場で働いていたという。彼は資金を貯め、1980年代に自身の靴工場を立ち上げた。しかしそこには制約があった。

「私はお金がなかったから、収入の範囲内でやりくりする必要があった。人々は新しい建物を建てるために良い土地を購入するが、私は田舎に養豚場と農場内の家屋を手に入れた」と彼は2021年、ビジネスウイークリーの貴重なインタビューで語っている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み