無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


レシピ通りに振って混ぜるだけで完成。 持ち運び用ドレッシングカップでサラダランチを楽しもう

ドレッシング1

Image: Amazon.co.jp

こちらの記事は、ライフハッカー[日本語版]より一部編集の上、転載しています。

「ランチはお弁当派」という人は、サラダを持ち運ぶ際、ドレッシングの扱いに困ったことはないだろうか。

先にドレッシングをかけて持ち運ぶと、ランチBOXから漏れて容器ごとベタベタになったり、他の料理と味が混ざってしまったり…。

そんな悩めるお弁当派を助けてくれるのが、今回ご紹介する、MARNA(マーナ)の「マイドレッシングカップ K692」だ。

これひとつで調理も持ち運びもクリア

ドレッシング2

Image: Amazon.co.jp

マイドレッシングカップ K692」は、メモリ付きの小さな容器。

直接オイルや塩を投入してシェイクすれば、あっという間に手作りドレッシングが完成する。

ドレッシング3

Image: Amazon.co.jp

カップにはボーダー状に切り替えた計量線がついているため、調味料の調合もラクラク。1回分の使い切りサイズも、手軽で嬉しい。

ドレッシング4

Image: Amazon.co.jp

ドレッシング漏れを防ぐスクリュー付きの蓋を閉めて持ち運べば、お昼はヘルシーなサラダランチが気持ちよく楽しめる。

広口なので洗いやすく、油っぽくなりがちな容器も清潔に保てそう。食器洗い乾燥機にも対応している。

管理栄養士監修のオリジナルレシピ付き

ドレッシング5

Image: Amazon.co.jp

もちろん、持ち運び専用容器として市販のドレッシングを入れてもOK。

しかし、「せっかくなら手作りドレッシングに挑戦してみたい!」という声もあるだろう。

そんなドレッシングビギナーにも嬉しいのが、10種のオリジナルレシピがついてくるところ。

管理栄養士・櫻井 麻衣子(さくらい まいこ)さん監修のレシピを活用すれば、和風にシーザー、ごまドレッシング等、その日の気分やサラダに合わせて自作できる。

カラー展開は、レッドとイエローの2色。リーズナブルな値段なので、カラー違いで揃えるのもオススメ。

なお、以下の金額は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

(文・西山 綾加、Image/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み