無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォーレン・バフェットは「ビットコインの最大の敵」…ピーター・ティールが痛烈に批判

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット

Paul Morigi/Getty Images for Fortune/Time Inc

  • ピーター・ティールはビットコイン普及の大きな障害として、ウォーレン・バフェットを挙げた。
  • ビットコインの価格を上げるには、バフェットらの抵抗と戦わなければならないという。
  • バフェットはビットコインを「殺鼠剤を2乗したようなもの」と呼び、価値のない妄想だと切り捨てている。

PayPalとPalantirの共同創設者で億万長者のピーター・ティール(Peter Thiel)が、2022年4月7日にフロリダ州マイアミで開催された「Bitcoin 2022」で基調講演を行い、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)のウォーレン・バフェット(Warren Buffett)CEOをやり玉にあげた。ティールによると、バフェットの痛烈な批判により仮想通貨の普及が遅れ、価格の上昇を妨げているという。

ティールはバフェットをビットコイン愛好家にとっての「最大の敵」と非難し、「オマハ出身のソシオパスな爺さん」と呼んだ。

またティールは「金融における長老支配」のあと2人のメンバーとして、JPモルガンのジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)CEOとBlackRockのラリー・フィンク(Larry Fink)CEOを加え、彼らがビットコインの背後にある「革命的な若者の活動」と真っ向から対立していると指摘した。

「ビットコインがここから10倍、100倍になるには、彼らと戦わなければならない」とティールは述べている。彼は個人としてだけでなく、自身のFounders Fundからも暗号資産(仮想通貨)に投資してきた。ビットコインの価格は、2020年初頭は8000ドル(約100万円)以下だったが、現在はその5倍以上の約4万4000ドル(約550万円)になっている。

InsiderはバークシャーとPalantirにコメントを求めたが、まだ返答は得られていない。JPモルガンはコメントを控えた。BlackRockはフィンクによる最新の株主向け書簡を紹介した。彼はその中で「グローバルなデジタル決済システムは、マネーロンダリングや汚職のリスクを軽減しながら、国際的な取引の決済を強化することができるよう慎重に設計されている。加えて、デジタル決済システムは国境を越えた決済のコストを引き下げるのにも役立つ」と述べている。

ティールがバフェットをターゲットにしたのは、彼がビットコインやその他の仮想通貨をあまりにも率直にこき下ろすことで有名だからだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み