無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米ゴールドマン「ビットコイン価格連動」投資商品を刷新「意外すぎる相関性」インテル、オラクルも構成銘柄に

ゴールドマン・サックス ビットコイン

米大手投資銀行ゴールドマン・サックスが仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーン分野へのエクスポージャーを取れる金融商品のパフォーマンス向上に取り組んでいる模様だ。

Getty Images

米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは2021年、仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーンへのエクスポージャーを取れる(=資産の一部を特定のリスクにさらす)米国株で構成するバスケット型投資商品の提供を開始した。

資産運用会社などのインベストメントマネージャーや個人投資家は、ビットコイン価格を追跡するこのバスケットを通じて、仮想通貨などを直接購入せずともデジタル資産へのエクスポージャーを取ることができるようになった。

同行の顧客向けレポート(4月6日付)によれば、この時価総額加重平均ポートフォリオは過去半年(6カ月)間、67%というビットコインとの相関性を記録した。

ゴールドマン・サックスのアナリスト、デイビッド・コスティンはレポートでこう説明している。

「ビットコインが2022年1月末から現在までに19%の価格上昇を記録したのに対し、当社の加重平均ポートフォリオの同期間におけるリターンは3%(S&P500種指数のリターンは同時期0%)でした」

ゴールドマン・サックス ビットコイン 相関性

ゴールドマン・サックスが提供するブロックチェーン加重平均ポートフォリオのS&P500種指数に対するリターン比率(黒線)とビットコイン価格(青線)の相関性。過去6カ月間(右半分)は高い相関性を読みとれる。

Goldman Sachs

バスケットの提供開始から1年を経たいま、ゴールドマン・サックスは構成銘柄の入れ替えによってポートフォリオの刷新を図ろうとしている。そこには意外性のある銘柄がいくつか含まれる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular