無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジープ、オフロードEVコンセプトの最新版「マグニート2.0」を発表…テスラ最速モデルに匹敵する性能

The Jeep Wrangler Magneto 2.0 concept

ジープ・ラングラー・マグニート2.0。

Jeep

  • ジープはスーパーカー並みの加速を実現する電動SUVコンセプトカー「ラングラー・マグニート2.0」を披露した。
  • ジープによると、マグニート2.0はマニュアル・トランスミッションを採用し、600馬力以上を発生するという。
  • この車は量産車ではないが、将来登場するEVラングラーに期待されるものを示している。

完全電動のジープ(Jeep)がついに登場する。ジープはその内容を垣間見せてくれた。

ジープは2022年4月8日、同社のクラシックなSUV、ラングラー(Wrangler)の驚くほど速いEVバージョンを披露した。ラングラー・マグニート2.0(Wrangler Magneto 2.0)はその名の通り、ジープが2021年に公開したコンセプトカーをバージョンアップしたモデルだ。

ジープは、ユタ州モアブで毎年開催されるオフロードファンのためのイベント「イースター・ジープ・サファリ(Easter Jeep Safari)」で、この電動4輪駆動車を始めとするいくつかのコンセプトカーを発表した。マグニート2.0はあくまでもコンセプトカーで、実際に量産する車というよりも、ユーザーの関心を取り入れた一部の性能を見せるためのモデルだ。

The Jeep Wrangler Magneto 2.0 concept.

ジープ・ラングラー・マグニート2.0。

Jeep

マグニート2.0は、2021年版と比べるとランボルギーニ(Lamborghini)やフェラーリ(Ferrari)、マクラーレン(McLaren)を凌駕する加速性能など、多くの改良が加えられている。ジープによると、マグニート2.0は静止状態から2秒ちょうどで時速60マイル(96.5km/h)まで加速することができるという。これは世界最速の市販車、テスラ(Tesla)の13万5990ドル(約1708万円)のモデルSプレイド(Model S Plaid)セダンに匹敵する。

ジープによると、より高出力の推進装置によってマグニート 2.0は最大トルク1152Nm、最大625馬力を発生し、ピーク出力を最大10秒間維持することが可能になったという。ちなみに6.4リッターV8エンジンを搭載する現在最もパワフルなラングラーは、最大トルク637Nm、最大470馬力だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み