無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスク絶賛!過酷な24時間労働支えるアメリカ発「ラーメン自販機」は日本の人手不足を救うか

ヨーカイエクスプレス

シリコンバレー発のラーメン自販機が日本に上陸。記者会見で社長のアンディ・リン氏はその特徴を語った。

撮影:小林優多郎

シリコンバレー発、累計20万食を誇る「ラーメン自販機」が日本に上陸した。

空港、駅、パーキングエリアなど交通の要所に展開し、365日24時間働く従業員の需要や、飲食店の人手不足解消を狙う。

ホテル、病院、テスラの工場……アメリカで20万食

ヨーカイエクスプレス

ヨーカイエクスプレスが提供するラーメン。生麺タイプで、熱さと味は「一風堂」の河原成美社長も太鼓判を押す。

撮影:小林優多郎

ラーメンの自動販売機を開発したのは、アメリカ・シリコンバレーのフードテックベンチャー「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」だ。同社の設立は2016年。

これまでアメリカで空港、ホテル、病院、企業、大学、ショッピングモールやスキー場など約50カ所に設置。20万食以上を提供した実績がある。

イーロン・マスク氏の率いるテスラの工場にも導入され、マスク氏は機会を設置した数時間後に「ラーメン最高」とツイート。作業員たちの過酷な就労を支える「癒し」になっているとして話題になった。

「自販機というより調理ロボット」

Yo-Kai Expressの動作の様子はこちらから。

撮影:小林優多郎

日本では3月下旬から羽田空港、芝浦パーキングエリア、東京駅で順次提供を開始する。

4月6日に東京駅で行われた記者会見に登壇したヨーカイエクスプレスCEOのアンディ・リン氏は、

「見た目は自動販売機ですが、調理ロボットだと認識して欲しい」

と強調した。

コロナ禍以降、非接触で人件費も削減できることなどを理由に加速している自販機商戦。サラダや牛肉などの生鮮食品から冷凍食品、デザートまでラインナップは拡大を続けているが、このラーメン自販機はそれらとは一線を画する。まずは上記の動画を見て欲しい。

同社最大の特徴は、自販機内で調理を行うことだ。商品は機内で冷凍状態で保存されており、注文が入ると独自の技術を用いてメニューごとに最適な方法で解凍する。注文から出来上がりまで最短90秒で、熱々の生麺タイプのラーメンが食べられる仕組みだ。1食は790円(税込)から。

ダイナミックプライシングも可能

ヨーカイエクスプレス

グローバルスタートアップの新規事業創出などを行う、クラムスタジオの外村仁さん。

撮影:小林優多郎

また売り上げデータを蓄積し、将来の売り上げ予測や需要に応じて価格を変える「ダイナミックプライシング」も可能だ。ヨーカイエクスプレスの開発とマーケティングを支援するスクラムスタジオの外村仁さんは言う。

「通常の自販機は種類ごとに入れられる量や導線が決まっているので、よく売れて早くなくなる物とあまり売れない物とで在庫管理に差をつけられず、無駄ができるという課題がありました。

一方、ヨーカイエクスプレスは売れるメニューだけ多くストックするなど、需要に合わせた在庫管理が可能な構造になっているのも大きな特徴です」(外村さん)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み