無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


価格3万円以下。Suicaやタッチ決済ができる「Square スタンド」第2世代が発表、日本でも5月に登場

Square Standと外箱

2世代目となるSquare Standが日本を含め8か国で同時に発表された。

撮影:小林優多郎

キャッシュレス決済端末とPOSレジアプリを展開するSquare(スクエア)は4月11日、日本を含む世界8カ国で、新型ハードウェア「Square スタンド」を発表した。

直販価格は2万9980円(税込)、発売時期は5月予定。利用にはスタンドに入れる後述する対応のiPadを別に用意する必要がある。

日本独自の決済(後述)にも対応するため、安価な価格をいかして、個人商店などへのPOSレジ導入の促進につながると期待される。

※アメリカでは2021年12月に社名を「Square」から「Block」に変更していますが、日本法人は「Square株式会社」のままとなるため、本記事では社名をSquare(スクエア)とします

独自の決済画面とキャッシュレス決済機能を新たに内蔵

Square Stand ホーム

Square Standの正面。

撮影:小林優多郎

第2世代のSquare スタンドは第1世代と同様、モバイルPOS(iPhoneやiPadなどをPOSレジ化するアプリ)を動作させる台座的な役割を果たす。

第1世代は2013年に登場し、今回が初めてのデザイン刷新となる。第2世代は、第1世代と比べて見た目がスリムになっている。

Square スタンド(第2世代)実機の様子。

撮影:小林優多郎

搭載する機能も大きく変わった。第1世代はクレジットカードの磁気テープのリーダーをスタンドに内蔵していたが、クレジットカードなどのICチップやコンタクトレス(いわゆるタッチ決済)や電子マネーの非接触決済をするには外付けの「Square リーダー」が必要だった。

今回の第2世代スタンドでは、ICチップとNFCのアンテナをスタンドに内蔵することで、「スタンドにiPadを取りつけるだけ」で決済可能な状態になる。

Square Stand 決済画面

第2世代Square スタンド装着時に表示される決済画面。支払い総額とその明細がわかりやすく表示され、カードをかざす/挿入する部分が光るようになっている。

撮影:小林優多郎

画面を180度回転できる機構も搭載。決済画面は第2世代スタンド用のものが表示されるので、店舗側は注文をレジに入力してスタンドを回転、客側はその画面で明細を確認して、好きなキャッシュレス決済を自分自身で実行できる。

Square Stand 支払い

購入者に決済してもらうことを想定している。

撮影:小林優多郎

Square Stand PIN入力

クレジットカードがICチップの場合はPIN入力を求められる。また、各社のタッチ決済の場合は金額とカード会社によっては画面でのサインが求められる。

撮影:小林優多郎

なお、磁気テープによる入力やスタンド単体でのレシートの印刷は非対応。また、金額や方法によっては決済時に4桁のPIN入力やサインが求められる。

対応するiPadは、10.2インチの第9世代(2021)、第8世代(2020)、第7世代(2019)、10.5インチのiPad Pro、第3世代iPad Air(2019)。

Square Stand iPadを外したところ

Squareスタンド単体の様子。1世代目と比べてサイズの制限が強くなっており、対応するiPadの種類が減っている。本体中央右に見える端子はLightning端子。

撮影:小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み