無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


時給2000円のアシスタントから32歳で年収1000万円の人事に。3回の転職で年収と職務内容はどう変わった?

サラリージャーニー

Alyssa Powell/Insider

私はアメリカ西海岸在住の32歳白人女性だ。人事のジェネラリストとして年収8万1120ドル(約1014万円、1ドル=125円換算)を稼いでいる。人事畑で働いて13年になるが、その間、人材マーケットが大きく様変わりするのを見てきた。

私が就職したのはリーマンショックが終わりかけているころだったが、大学3年のときに、この就職難の時代に内定をとるためには、大学生であっても多少の実務経験が必要だと言われた。そこで私は卒業前にインターンシップを2回行い、履歴書に箔をつけた。

就職後しばらくして、私はあることに気づいた。人事として働いていると他の人の収入に詳しくなるのだが、そのせいで自分の給料が少なすぎると分かってしまったのだ。同じ会社に長くいすぎて、自分を評価してくれない会社のために働き続けていた。

仕事はきちんとこなし、もっと業務内容を広げたいと話し、給与交渉もした。しかし、本当に自分に見合った収入を得ようと思ったら転職するしかなかった。

最初の就職から10年以上、3度の転職を経験してようやく、自分にふさわしい給与とワークライフバランスを手に入れることができたと実感している。自分の経歴の価値を、そして2009年の不況と比較してどれだけ経済が変化したかをもっと早く分かっていれば、もっと早く今の状態にすることができていたはずだ。

以下では、会社・肩書きごとの年収と仕事内容について変遷を明かしたい。

※編集部注:現在または直近の仕事についての書類をもとに、本人の収入と身元を確認済み。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み