無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ハーバード中退し23歳で有名VCアンドリーセン・ホロウィッツのパートナーに。暗号資産業界を牽引するカーラ・ウーの軌跡

カーラ・ウー(Carra Wu)は、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)のパートナーだ。

カーラ・ウーは、アンドリーセン・ホロウィッツに入社1年でインターンからパートナーに登りつめた。

Alex Zhang

ハーバード大学を中退したカーラ・ウー(Carra Wu)は、2020年末、アップル社での8カ月のインターンシップ終了を前に、自身の将来の選択肢について考えていた。

ウーは、アップルでキャリアを続けることも、ハーバード大学に戻ることも、話題のスタートアップ企業に就職することもできた。アップルの前にはマイクロソフトでもインターンとして4カ月働いていたウーは、どんな話題性のあるユニコーンにでも参加する切符を手に入れていたに等しい。

特に深い考えがあった訳ではないが、ウーは尊敬するベンチャーキャピタリストである、アリアナ・シンプソン(Arianna Simpson)にメールで相談した。シンプソンは当時、シリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)であるアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz:以下、通称であるa16z)の暗号資産担当パートナーだった。現在は同社のゼネラルパートナーを務める。

短いメールの中で、ウーは自分の現状を説明し、どうすればかねてから興味のあった暗号資産業界に関わることができるのかアドバイスを求めた。そしてこのメールがウーのキャリアを大きく変えることになる。

相談から数カ月後の2021年3月、ウーはa16zにインターンとして採用された。同社は、どのライバル会社よりも深く暗号市場に入り込んでおり、専門のファンドで推定90億ドル(約1兆1400億円、1ドル=127円換算)を調達していた。

数カ月のうちにウーはめきめきと頭角を現し、インターンからディールアナリストに昇格。入社から1年が経つ頃にはディールパートナーに抜擢された。彼女は23歳にして同社最年少のパートナーとして、暗号資産業界における新星となったのだ。

本稿では、ウーへの取材や関係者の言葉をもとに、どうやって彼女が1年でパートナーにまで登りつめたのかを紹介する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular