無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウエストのサイズを身長の半分以下に…イギリス保健当局が新たな指標

Your waist to height ratio could help you determine your risk of various obesity consequences

ウエストと身長の比率は、肥満のリスクを判断するのに役立つ可能性がある。

Getty

  • イギリスでは、健康状態を測るために、身長とウエストの比率を計算することを奨励している。
  • ウエストのサイズを身長の半分以下に保つことが、肥満に伴う多くのリスクの予防につながる可能性があると、イギリスの保健当局は述べている。
  • 腹部の脂肪は、糖尿病や脳卒中などの多くのリスクを高めると、スペンサー・ナドルスキー医師はInsiderに語っている。

イギリスの保健当局によると、身長の半分のウエストサイズを維持することが健康に役立つという。

イギリスの国立医療技術評価機構(UK National Institute for Health and Care Excellence:NICE)が発表した新しいガイドラインによると、特にBMI35未満(30から39.9は肥満に分類される)の人の場合、特に腹部脂肪のモニタリングが推奨されている。これは、その人にとって健康的な体重かどうか判断するには、BMIの数値だけでは不十分だと長年考えられてきたことが背景にある。

腹部周辺に脂肪が多いと、2型糖尿病、高血圧、心臓病、脳卒中のリスクが高くなる。

BMIの数値を見るだけでなく、ウエストと身長の比率を測定することで、自分の健康リスクをより正確に把握できると医師は述べている。

NICEのガイドラインセンターのディレクター、ポール・クリスプ(Paul Chrisp)博士は「我々の最新のガイドライン案では、測定するという簡単で効果的な方法が示されているため、自分の健康に影響を与える可能性のある要因を理解し、対処する行動を取ることができる」とプレスリリースで、述べている。

ウエストの測定方法

NICEによると、健康的なウエストサイズと身長の比率は0.4から0.49で、この場合は健康上のリスクは増加しないという。一方0.5から0.59の場合はリスクが高まり、0.6を超える場合は最もリスクが高くなるという。

例えば、身長178センチの人はウエスト89センチ以下が目安になる。

ガイダンスでは、ウエストの測り方は「肋骨の下と腰の上の場所を見つけ、その中間の位置にメジャーを巻き、自然に息を吐いてから計測する」と説明している。

一部の黒人、アジア人、少数民族は内臓脂肪型肥満(腹部肥満)になりやすい傾向があり、BMIが低くても心疾患のリスクが高くなることを示唆するエビデンスを受け、NICEはこれらの民族のBMIの基準値を引き下げている。

NICEによると、BMIが35以上(肥満度クラス2と3)の人、2歳以下の子ども、妊婦は、ウエスト・身長比は有効には使えないという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み