無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ロシア、避難させたウクライナ人10万人近くをシベリアや北極圏などに強制移住か

避難民

親ロシア派武装勢力の支配下で集団避難するマリウポリの市民(2022年3月20日、ウクライナ)。

Stringer/Anadolu Agency via Getty Images

  • ロシアはウクライナの人々を強制的にロシア国内の辺境の地に送っていると、ウクライナ当局が指摘した。
  • ロシア大統領府はウクライナ人をシベリアや北極圏にまで送るつもりだと、The iは報じた
  • こうした地域にウクライナ人10万人近くを送り込む予定だと、The iはロシア大統領府の文書を引用し、伝えている。

ロシアは10万人近いウクライナ人をシベリアや北極圏にまで送り込む計画だと、イギリスのThe iが報じた。ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア側に捕らえられた人々を「特別な選別施設」について警鐘を鳴らしている。

The iが引用したロシア大統領府の文書は、ロシアが3月に9万5739人のウクライナ人をロシア国内の辺境の地に強制的に移動させる緊急命令が下されたことを示している。

この文書は、ウクライナの人々がモスクワやサンクトペテルブルクといった主要都市ではなく、ウクライナから数千キロ離れたへき地に送り込むつもりであることを意味している。

The iによると、具体的にはシベリアのマガダンや北極圏のムルマンスクの他、チェチェン共和国やイングーシ共和国、ダゲスタン共和国のカフカス地方などだという。

中には、日本のすぐ北に位置するサハリンに送られるウクライナ人もいるとThe iは報じている。

こうした地域は毎月、新たに現地に到着した人の数を政府に報告するよう指示されているという。

ウクライナ当局はロシアがマリウポリ —— 激しい爆撃にあっているウクライナ南東部の港湾都市 —— から数千人のウクライナ人を国境沿いのいわゆる「選別施設」に移動させ、その後、ロシア国内の辺境の地に強制的に移住させていると非難している

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み