無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米3月消費者物価8.5%上昇も「すでにピーク過ぎた」モルガン・スタンレー最新分析。下落時「注目の7銘柄」

prime_morgan_stanley_logo

米金融大手モルガン・スタンレーは歴史的高水準のインフレが続くなか、同業他社と異なる読みから、いま投資が推奨されるセクターや銘柄を具体的に提示している。

4kclips/Shutterstock.com

2022年第1四半期(1〜3月)、米国株のパフォーマンスは2020年初頭以降で最悪の結果となった。このあと決算発表が始まれば、投資家たちは企業業績の厳しい実態を目の当たりにすることになるだろう。

米ウォール街のアナリストによる第1四半期の売上高予想は前年同期比4.6%増。最低でも28%、最大92%の伸びを記録した2021年の各四半期に比べて「急激な減速」だと、米金融大手モルガン・スタンレーのチーフ米国株ストラテジスト兼最高投資責任者(CIO)マイク・ウイルソンは顧客向けレポート(4月11日付)で表現している。

2022年、米企業の売上高成長率は2021年に記録した前年比49.2%増という驚くべき数字からの減速を避けられない状況だ。

2021年にみられた企業業績の急回復は、新型コロナ感染抑制のための行動制限が解除されて経済の再開が進んだことに加え、パンデミックの影響に飲み込まれた2020年に通常では考えられないほどの低迷を記録したからこその数字だった。

2022年はその逆の筋書きだ。急回復によって引き上げられた前年の高いハードルを超えねばならないだけでなく、経済成長の鈍化、40年ぶりの高インフレ、ロシア・ウクライナ戦争など、嫌になるほどのリスクが控えている。

モルガン・スタンレーのウィルソンによれば、第1四半期の業績予想は2021年半ばから大きな変化がなく、同年11月のピークに比べれば若干低い水準にある【図表1】。

図表1

【図表1】S&P500種(SPX)の1株当たり利益(EPS)コンセンサス予想の推移(2022年四半期別、2021年3月以降分)。第1四半期は21年夏以降横ばい、下半期は上昇傾向と予測されている。

Morgan Stanley

興味深いのは、2022年第1四半期に予想される企業の業績低迷は、各社が残り3四半期で積み上げる収益の伸びによって相殺されると考えているアナリストが多いことだ。この見方が本当に正しいのかどうか見きわめようと、ウィルソンは各社の2022年業績見通しを注視している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular