無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン傘下の防犯カメラ・インターホン「Ring」が日本上陸、置き配や見守り需要を狙う

Ring Indoor Cam

セキュリティーカメラの「Ring」がついに日本に上陸した。(写真は「Ring Indoor Cam」)。

撮影:小林優多郎

アマゾンは4月13日、セキュリティーカメラ製品「Ring」の日本上陸を発表した。

今回発表になった製品は、以下の3機種とその周辺機器で予約は既に受付中。出荷時期は4月20日を予定している。

  • Ring Video Doorbell 4(カメラ付きドアベル)……2万3980円(税込)
  • Ring Indoor Cam(屋内設置用カメラ)……6980円(税込)
  • Ring Stick Up Cam Battery(バッテリー内蔵屋外対応カメラ)……1万1980円(税込)

映像はアマゾンのクラウドに保存、Alexa連携も

Ring

Ringはいずれの製品も1080pの高画質カメラを備える。

撮影:小林優多郎

Ringはもともと独立したスタートアップだったが、2018年2月にアマゾンが10億ドル以上での買収を発表。同年4月に買収が完了した。

Ringの特徴はシンプルなハードウェア構造と、クラウドと連携したさまざまな機能だ。

アプリ

各種設定や通知の受け取り、映像の確認は「Ring」アプリで行う。

撮影:小林優多郎

今回発表された3製品はいずれも、1080p HDビデオを搭載し、玄関先や室内、屋外の駐車場……といった場所を鮮明に撮影できる。

Indoor Camは電源の接続が必須だが、Doorbell 4とStick Up Cam Batteryは着脱式のバッテリーを内蔵しており、有線による電源接続は不要だ。

Echo Show

アマゾンのスマートディスプレイ「Echo Show」でRingから送られてきた映像を確認できる。

撮影:小林優多郎

いずれの製品もアマゾンのクラウドおよびスマートアシスタント「Alexa(アレクサ)」に対応している。

撮影された動画は最大60日間(静止画は最大7日間)、アマゾンのクラウドで保存されるため、仮にカメラが物理的に壊れたり、盗まれたりしても、その一部始終は自分のスマートフォンなどで確認できる。

通知

Ringが動作を検知すると、設定したEchoデバイスなどにも通知が届く。

撮影:小林優多郎

また、スマートスピーカー・ディスプレイのEchoシリーズや、スマートテレビのFire TVシリーズ(一部を除く)、タブレットのFireシリーズと連携。ドアベルや不審者検知の通知を受けとれるほか、画面のある端末では、リアルタイムビデオを確認できる。

なお、クラウドへの保存は通常有償の「Ringプロテクトプラン」への加入が必要になるが、アマゾンは2023年3月31日まで無料で提供する。

2023年4月以降は、ドアベルまたはカメラ1台を対象とした「Basicプラン」が月額350円/年額3500円、同一住所のすべてのドアベル・カメラが対象となる「Plusプラン」が月額1180円/年額1万1800円。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み