無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


吉野家 常務「生娘をシャブ漬け」発言:早稲田大「直ちに降ろす」と声明

吉野家

吉野家の役員の女性蔑視発言。一体何が起きていたのか。

撮影:西山里緒

牛丼チェーン「吉野家」は4月18日、同社の常務取締役企画本部長が「不適切な発言をした」として、謝罪した。

本部長は4月16日、早稲田大学の社会人向け講座にて、若い女性をターゲットにしたマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」などと表現していたとされ、SNSで批判を集めていた。

大学講座で「生娘をシャブ漬け」発言

吉野家

若い女性への差別的な発言が批判されている吉野家が謝罪した。広告には若い女性を起用する皮肉な事態だ。

出典:吉野家公式HP

発端となったのは、吉野家の常務取締役企画本部長が講師として登壇した講座の受講生のSNSだ。

投稿によると、本部長は若い女性をターゲットにしたマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」と表現し、「田舎から出てきた右も左も分からない女の子を無垢・生娘のうちに牛丼中毒にする。男に高い飯を奢ってもらえるようになれば、(牛丼は)絶対食べない」と説明していたという。

投稿者の受講生はこの発言に対し、性差別的だと運営側に抗議。講座の最後には謝罪もあったそうだが、SNSではこうした事態を受け、批判の声が集まっていた。

女性差別がマーケティングの根底に

吉野家

4月18日に公開された吉野家の謝罪文。

出典:吉野家公式HP

吉野家は18日付の声明「当該役員が講座内で用いた言葉・表現の選択は極めて不適切であり、人権・ジェンダー問題の観点からも到底許容できるものではありません」とし、「講座受講者と主催者の皆様、吉野家をご愛用いただいているお客様に対して多大なるご迷惑とご不快な思いをさせたことに対し、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

本部長は社内規定に則り、処分を含めて厳正に検討するという。

ジェンダー分野に詳しい弁護士の伊藤和子氏は、

「吉野家の常務取締役企画本部長がマーケティング戦略について語った言葉で、これほどの女性蔑視が含まれているということは極めて深刻で、女性差別や誤ったジェンダー意識が経営やマーケティングの根底に深く埋め込まれていたのではないかと推察されます。

謝罪で済む話ではなく、経営体質を刷新する取り組みが必要です」

と指摘する。

本件を告発した受講生によると、吉野家及び早稲田大学と共に、後日、話し合いの場を設ける予定だという。

吉野家の広報担当者はBusiness Insider Japanの取材に対し、

「一度吉野家を利用したお客様の継続利用を図る意図の元で発言しましたが、到底許容できるものではありません。担当教授とともに受講者へ改めて対面にて謝罪する予定です。

また、全社的にコンプライアンス教育の見直しを図り、研修を強化します」

と説明した。

同日、早稲田大学社会人教育事業室 も講師の発言の一部に「性差別・人権侵害にあたる不適切な発言」があったとして謝罪。

「コンプライアンス遵守に鑑み、登壇する講師への事前の注意喚起を改めて徹底し、再発防止に努めて参ります」とした。

さらに早稲田大学も声明を出し、「当該講師に厳重に注意勧告」をした上で「講座担当から直ちに降りていただきます」と記した。

(文・竹下郁子

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み