無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「大退職」した人の20%が後悔している…最新の調査結果で明らかに

「大退職」の波に乗ったことを後悔している労働者もいる。

「大退職」の波に乗ったことを後悔している労働者もいる。

Maskot/Getty Images

  • 「大退職」に加わった5人に1人が後悔しているというハリス・ポールによる調査結果がUSA Todayで公開された
  • 多くの人は、転職のメリットとデメリットについて深く考えることなく、金銭的な理由で新しい仕事に乗り換えていった。
  • 大退職は、新入社員と中堅社員が中心となって進行した。

お金がすべてではないことが判明した。

「大退職」に加わった20%の人たちに聞いてみると分かる。世論調査会社のハリス・ポール(Harris Poll)がアメリカの成人2000人を対象に行った調査の結果が、USA Todayで公開された。それによると過去2年の間に退職した人のうち、5人に1人が後悔しているという。2021年だけでも4700万人以上のアメリカ人労働者が大退職の波に乗った。その多くが新しい仕事に就いたが、中には給与が高くなる見込みに引かれて、それ以外のことはよく考えなかった者もいることが、調査で明らかとなった。

転職を後悔している人の多く(36%)が「ワークライフバランスが崩れたと感じている」と答えた。また「新しい仕事が予想と違った」(30%)、「以前の職場のカルチャーが恋しい」(24%)、「辞めることのメリットとデメリットをきちんと検討していなかった」(24%)という意見もあった。

また、転職をそこまで後悔していない人でも不満は感じているようだ。調査対象者の約33%はすでに、よりよい職場環境や給与の仕事を求めて、再び転職することを検討していた。新しい仕事が気に入っていて、そこに留まると答えたのは、わずか26%だった。

専門家がUSA Todayに語ったところによると、Zoomによる面接は、求職者にとって質問がしづらく、企業カルチャーを感じ取るのも難しいという。また、より柔軟な働き方を求めて、それ以外のことをよく検討しなかったり、過労や低賃金に対する怒りから転職をした人もいるようだ。

だが、退職を後悔している人々の多くは、高い給与に釣られていた。歴史的な人手不足の中、労働者を集めようと必死になった多くの企業が「給料でひきつけようとしたのだ」と、人材サービス企業、ManpowerGroupの人材ソリューション担当シニアバイスプレジデントのジム・マッコイ(Jim McCoy)がUSA Todayに述べている。また、このような焦る気持ちから、企業が労働条件を偽って伝えることにつながった可能性もあると指摘する。

リンクトイン(LinkedIn)のキャリア専門家であるキャサリン・フィッシャー(Catherine Fisher)は「何が起こったかというと、これらの企業は長い間空いていた席を埋めようとして、システムをショートカットしたということだ」とCBS Morningsに語っており、求職者と雇用者の両方が雇用プロセスを急いだ可能性があると付け加えた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み