無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米連邦地裁「マスク義務は無効」…航空各社や交通機関で着用義務の解除進む

マスクをしていない旅行客がアトランタ国際空港に到着した。2022年4月19日。

着用義務の停止を受けて、マスクをしていない旅行客がアトランタ国際空港に到着した。2022年4月19日。

REUTERS/Alyssa Pointer

  • フロリダ州の連邦地方裁判所は2022年4月18日、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が課していた飛行機や公共交通機関でのマスク着用義務を無効とする判決を出した。
  • アメリカ人は今後も飛行機でマスクを着用すべきかと問われたジョー・バイデン大統領は、「それは彼ら次第だ」と回答した。
  • CDCが5月3日までに延長したばかりのこの義務について、バイデン政権が復活を求めるかどうかは不明だ。

フロリダ州の連邦地方裁判所は2022年4月18日、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が課していた飛行機や公共交通機関でのマスク着用義務を無効とする判決を出した。それを受け、ジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は、飛行機やその他の公共交通機関でマスクを着用するかどうかはアメリカ人の判断に委ねられると述べた。

バイデン大統領は4月19日、記者団からアメリカ人は飛行機でのマスク着用を続けるべきだと思うかと問われ、「それは彼ら次第だ」と答えた。また、この判決を不服とするかどうかについては「まだCDCと話していない」と付け加えた。

バイデン大統領

REUTERS/Kevin Lamarque

その時、バイデン大統領はニューハンプシャーに到着したばかりで、エアフォースワンの中ではCDCの指導にしたがってマスクを着用していた。ジェン・サキ(Jen Psaki)報道官は機内で記者団に対し、CDCの公衆衛生ガイドラインは「政治に基づくものではない」と述べた。

「免疫不全の親族や5歳以下の子どもがいるなどの理由で、マスクを着用したい人がこの国にはまだたくさんいる」と彼女は述べ、バイデン政権はまだ裁判所の判決について見直しているところであり「あと2、3日はかかるだろう」と付け加えた。

また「公衆衛生上の決定は、裁判所が行うべきものではない。公衆衛生の専門家が決めるべきものだ」とも述べた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み