無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ネットフリックスの加入者が10数年ぶりに減少…パスワード共有、競争の激化が逆風に

ネットフリックスのテッド・サランドス共同CEO。

ネットフリックスのテッド・サランドス共同CEO。

Getty Images

  • ネットフリックスの加入者数が10年以上ぶりに減少した。
  • ストリーミング配信の巨人が最後に加入者の減少を記録したのは2011年だ。
  • 同社は、パスワード共有とストリーミングの競争激化などを主な要因として挙げている。

ネットフリックス(Netflix)の決算報告で、10年以上ぶりに加入者数が減少したことが明らかになった。

ネットフリックスが第1四半期に20万人の加入者を失い、第2四半期にはさらなる減少を予測したことにウォール街が反応し、時間外取引で株価が21%も急落した。

このストリーミング大手が最後に加入者減少を報告したのは2011年のことだ。

株主宛の書簡によると、同社は次の四半期に200万人の加入者を失う可能性があると予測している。そこでは「比較的高い世帯普及率」と「競争の激化」という「収益増加の逆風」が吹いていると説明されている。また、同社は最近、アメリカとカナダで値上げを行った

「COVID-19がストリーミング事業を大きく後押ししたことで、最近までその実態が見えにくくなっていた」と書簡には書かれている。

ネットフリックスは、パンデミック発生当初から「タイガーキング: ブリーダーは虎より強者?!(Tiger King)」などのドキュメンタリーで自宅に隔離されていた視聴者の注目を集めた。しかし、世界中が再び動き始め、Disney+(ディズニー・プラス)やHBOマックス(HBO Max)といったライバルが加入者を奪い続けている中、ネットフリックスは契約者数の増加を圧迫する要因について再検討し始めている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み