無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ロシア軍は民間人がいる場所へ地中貫通爆弾を投下している」ウクライナ司令官が非難

被害を受けた建物の背後に見えるアゾフスタリ製鉄所。ウクライナ・マリウポリで。

被害を受けた建物の背後に見えるアゾフスタリ製鉄所。ウクライナ・マリウポリで。

REUTERS/Alexander Ermochenko

  • ロシア軍が攻撃を続けるマリウポリでは、ウクライナの兵士と市民が製鉄所に隠れているという。
  • アゾフ大隊の司令官は、ロシアが工場に地中貫通爆弾(バンカーバスター)を投下していると述べた。
  • ウクライナ当局によると、そこには子どもを含む一般市民が避難しているという。

ロシア軍はウクライナ南東部のマリウポリの製鉄所に地中貫通爆弾(バンカーバスター)を投下しているとウクライナ軍司令官が述べた。そこには多数の兵士や市民が避難しているという。

AP通信によると、ウクライナ国家警備隊アゾフ大隊のデニス・プロコペンコ(Denys Prokopenko)司令官は2022年4月18日、ロシアがアゾフスタリ製鉄所に爆弾を落とし始めたと語ったという。プロコペンコによると、彼の部隊は民間人とともにそこにいたという。

製鉄所には地下トンネルがあり、マリウポリ市議会は18日にテレグラムで、最大1000人の市民がそこに隠れていると述べた

地中貫通爆弾(バンカーバスター)は、地下深くにある標的を攻撃するために厚い防御を突き破るように設計されている。

プロコペンコは、ロシア軍は市民がそこに隠れていることを認識しながら攻撃していると述べた。

「ロシア軍は民間人の存在を知っていながら、製鉄所を攻撃し続けている」

ロシアは19日、製鉄所にいるウクライナの部隊に対し、生き延びたいならモスクワ時間の正午までに武装を解除するように指示したロイター通信によると、ロシア国防省は、「武器を置いた者は全員、生存が保証される」と述べたという。

ドネツィク地域の警察のミハイル・ベルシニン(Mikhail Vershinin)は製鉄所内の民間人には子どももいたと17日に述べたとポリティコは報じている。マリウポリはウクライナのドネツィク州にある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み