無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


家庭でも重要書類をきちんと処分したいという人にオススメのハンドシュレッダー

210303_shredder_top

Image: Amazon.co.jp

こちらの記事は、ライフハッカー[日本版]より一部編集の上、転載しています。

個人情報が記載された書類、きちんと廃棄しているだろうか?

アイリスオーヤマの「ハンドシュレッダー H1ME」は、コンパクトな手動タイプでありながら、復元の難しいクロスカット方式で細断できるシュレッダー。

書類だけじゃなく、記録ディスクやカードも細断可能なので、家庭用にピッタリなアイテムである。

61awfpkNPyL._AC_SL1000_

Image: Amazon.co.jp

ハンドシュレッダー H1ME」の特長は、 業務用のシュレッダーに匹敵するレベルで、かなり細かくカットできるところ。

ちなみに、この裁断後の紙くずを個人売買で商品発送するときに緩衝材として活用している例もある。袋が破れてしまわないように厚手のビニール袋を使うことと、念のため重要書類を細断した紙くずを入れないことに気をつければ、なかなか上手い活用方法だ。

61bfuNUXRL_AC_SL1000_

Image: Amazon.co.jp

カットできる書類の最大幅はA4の短辺サイズまで。厚みは官製はがきサイズまで

冊子になっている契約書などは通せないと思うが、たいていの書類なら細断できるだろう。

機密情報が保存されているCDやDVD、古くなったクレジットカードなどを細断するための専用カッターを搭載しているのもユニークなポイント。

「たまにしか使わないし、電動シュレッダーまでは要らない」という人、ぜひチェックしておいてみては?

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

(文、田中宏和 / Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み