無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界の金融大手がネットフリックスに失望「デジタル系サブスクは市場飽和、B2Cは期待できず」UBS最新分析

prime_netflix_Y2022Q2_logo

米動画配信大手ネットフリックスが発表した2022年第1四半期(1〜3月)業績と今後の見通しに対して、米ウォール街の厳しい態度が目立つ。

REUTERS/Dado Ruvic/Illustration

米動画配信大手ネットフリックスのホラー作品を一覧表示できるジャンルコードは「8711」。先週(4月第4週)の同社株式の値動きは、いますぐその恐怖に満ちた作品ラインナップに加えるに値するものだ。

ネットフリックスは2022年第1四半期(1〜3月)だけで20万人の会員を失い、第2四半期(4〜6月)はさらに200万人の会員減を見込むと発表。4月20日の株価(終値)は前日比35%安という空前の下落幅を記録した。

同社が(四半期単位で)会員数のマイナス成長を記録したのは2011年以来初めてのことで、投資家は驚きをもって発表を受けとめた。株価の下落幅は2004年以来の大きさで、翌21日にはさらに3.5%下落している。

ネットフリックスの残念な決算発表は2四半期連続だ。2021年第4四半期(10〜12月)決算は新規会員数の伸びが市場予想を下回り、1月21日だけで前日比22%の下落を記録した。

2021年11月に付けた史上最高値(終値、682.02ドル)との比較では、4月21日時点でおよそ7割(68.4%)の下落となっている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular