無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


熱すぎるコーヒー訴訟の最新事例…専門家は「ばかげた訴訟の典型」

「熱すぎるコーヒー」訴訟の最新事例、ダンキン

ダンキンは、ホットコーヒーをこぼした利用客から訴えられたことが何度かある。

AP Photo/Gene J. Puskar, File

  • ニュージャージー州の男性が4月上旬、ホットコーヒーをこぼしたことで、ダンキンに対して訴訟を起こした。
  • ダンキンやスターバックスは過去に、ホットドリンクによってケガを負った利用客から訴えられたことがある。
  • 専門家は、ホットコーヒーに関する訴訟事件は「ばかげた訴訟の典型だ」と述べている。

ダンキン(Dunkin')は、ホットコーヒーをこぼしたことで利用客から訴えられた最新のチェーン店だ。Insiderが確認した訴訟内容によると、ダンキンを訴えた原告はある夫婦だ。ホットコーヒーが夫の膝にこぼれ、ケガをしたという。

エバン・アーリントン(Evan Arlington)と妻のステファニー・アーリントン・マシアス(Stephanie Arlington-Macias)は2022年4月4日、ニュージャージー州のパサイク郡上級裁判所に訴えを起こした。

訴訟内容によると、ニュージャージー州トトワにあるダンキンで、夫婦がホットコーヒー2つとアイスコーヒー1つを注文したときに、問題が起きた。

「被告はコーヒーが熱すぎたという点で、原告に対して準備、販売、サービスを怠った」と訴状には記載されている。さらに「その結果として、原告のエバン・アーリントンは重いケガを負い、この先も大きな痛みや精神的苦痛を負うことになった」と訴えている。

アーリントンはこの事件によって後遺症の残るケガを負い、この先の治療費を用意しなくてはならず、その結果、損害を受けたという。

妻のアーリントン・マシアスも影響を受けなかったわけではない。訴訟内容には、今回の事件に伴い、彼女は「夫の助けや癒し、夫婦の絆を失った」と記述されている。

アーリントンの担当弁護士で、ニュージャージー州の弁護士事務所Bendit Weinstockのウィリアム・ゴールド(William Gold)は、ダンキンで提供するホットコーヒーの温度帯とアーリントンに提供した飲み物の温度について、ダンキンからの回答を求めている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み