無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イギリスの道路工事現場からローマ時代の傭兵の遺骨などを発掘…そこは紀元前4000年頃からずっと埋葬地だった

イギリス、ウェールズ南部のバリーで、ローマ時代や中世に埋葬された遺骨などが発見された。ローマ時代の遺骨(左)の足元には切断された頭部が置かれていた。

イギリス・ウェールズ南部のバリーで、ローマ時代や中世に埋葬された遺骨などが発見された。ローマ時代の遺骨(左)の足元には切断された頭部が置かれていた。

Rubicon Heritage

  • イギリス・ウェールズの地方議会は、道路の修復工事を行う前に、考古学者のチームに調査を依頼した。
  • その結果、数千年前の遺物や埋葬地が発見された。
  • ローマ時代の傭兵の遺骨とともに、謎の頭蓋骨も発見された。

イギリスの考古学者は、ローマ時代の傭兵が切断された頭蓋骨や剣とともに埋葬されているのを発見した。

ウェールズのベール・オブ・グラモーガン郡議会は、直線化を行おうとした道路のアセスメントを環境コンサルタントのRubicon Heritage Servicesに依頼した。その結果、数千年前にさかのぼる膨大な数の考古学的遺物と数百の墓が発見された。

それはローマ時代の遺骨だった

約8kmの道路の一角から、ローマ時代の遺物と数体の遺骨が見つかったと、Rubicon Heritageのマネージングディレクターで、このプロジェクトを率いるマーク・コラード(Mark Collard)がInsiderに語った。

そのうち1体の遺骨は傭兵だった人物のものと思われ、大きな剣と軍人のブローチを付けて埋葬されていた。「ローマ帝国がイギリスで崩壊した」時期のものだとコラードは言う。

ウェールズのバリーで、ローマ時代の遺骨を発掘する様子。

ウェールズのバリーで、ローマ時代の遺骨を発掘する様子。

Rubicon heritage

その近くには、首を切断され、その頭蓋骨が足元に置かれた状態で埋葬されていた男性の遺骨もあった。

2019年、イギリス、サフォーク州のローマ時代の墓地からも、死後に切断されたと思われる頭部が同じように配置された17体の遺骨が発見された。この発見に「考古学者たちは頭を悩ませている」とLive Scienceは報じた

この習慣が何を象徴していたのかは、いまだに謎のままだ。頭部を魂の入れ物と考えたローマ時代以前のケルトの信仰との関連も指摘されていると考古学者はLive Scienceに語っていた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み