無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Metaが実店舗をオープンへ…製品販売に加えて、メタバース体験を提供

Mark Zuckerberg at Facebook's first ever Meta Store

Meta Store1号店でのマーク・ザッカーバーグ。

Facebook/Meta

  • フェイスブックから社名変更したMetaは、オンラインショップと小売店をオープンする。
  • 「Meta Store」と名付けられたこの実店舗では、ヘッドセットを販売し、メタバースとつながるデモを提供する。
  • 今後の同社の小売業の計画は不明だが、店舗責任者が就任してプロジェクトを統括している。

Meta(メタ、旧Facebook)が、物理的な小売り事業に初めて乗り出すことになった。2022年5月に販売拠点を開設し、潜在的な顧客にVRヘッドセットとスマートグラスを直接提供して体験してもらうことで、同社のメタバース(metaverse)構想に欠かせない製品の関心を高めようとしている。

「Meta Store(メタストア)」と名付けられたこの店舗は、2022年5月9日にサンフランシスコの南約15マイルにあるカリフォルニア州のバーリンゲームにオープンする予定だ。VRヘッドセットの「クエスト(Quest)」や、短い動画やインスタグラム(Instagram)のストーリーズを撮影して投稿できるレイバン(Ray-Ban)のスマートグラス「レイバン・ストーリーズ(Ray-Ban Stories)」とともに、ビデオ通話デバイスmの「ポータル(Portal)」も販売される。同社は2021年、社名をMetaに変更したが、これは同社が「メタバース」の構築に重点を移すハイリスクの転換を反映させたものだった。メタバースとは、没入型の超リアルなデジタル世界であり、参加するためにはVRハードウェアが必要だと考えられている。

Inside Facebook's first ever Meta Store

メタストア1号店の店内。

Facebook/Meta

Metaの創業者兼CEOのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)は、「バーチャルリアリティを理解する最良の方法は、それを体験することだ」と声明で述べている。ザッカーバーグによると、Meta Storeはアプリや製品の「デモ」ができること 、 「メタバースを構築していく中で何が起こるのかという感覚」 を生み出すことに注力しているという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み