無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソニーとエムスリーがデジタル医療の新会社設立。数兆円規模の市場の一角担えるか

表紙

撮影:三ツ村崇志、伊藤有

ソニーと、医療プラットフォーム事業などを手掛けるエムスリーは、4月26日、合弁会社サプリムを設立することを発表した。

サプリムでは、デジタル技術を活用して病気を治療するデジタル治療(DTx:デジタルセラピューティクス)を視野に、在宅でのリハビリ支援を行う身体機能改善事業や高齢期の虚弱(フレイル)予防事業、IoTを用いた医療センシング事業などを展開するとしている。

サプリムの資本金は5億円。出資比率はエムスリーが51%、ソニーグループが49%だ。社長には、エムスリーから山根有紀子氏が就任した。

「楽しい治療」でウェルビーイングを

SONY

SONYの事業は、多岐にわたる。

撮影:小林優多郎

エムスリーは、2000年にソニーコミュニケーションネットワーク(現・ソニーネットワークコミュニケーションズ)からの出資によって設立された、ソニーが大株主を務める企業だ。

直近では、新型コロナウイルス対策支援をきっかけに、遠隔面会ソリューションの提供やCOVID-19疑い症例の判定支援AIの普及などで協業が進んでいた。

記者会見に参加したエムスリーの片山洋一業務執行役員は、そういった経緯があった中で多くの患者やその家族からの反響を受け、

「われわれの協業も期間限定の取り組みではなく、中長期的に価値をより大きく、そして継続的に提供できるよう新会社を設立しました」

と新会社設立の意図を語った。

人が病院に足を運ぶのは、体調が悪くなった時だ。

一方で、これから先、高齢化社会が加速していく中で、病気にならないようにしっかり健康を維持する(病気を予防する)ことや、病気になったとしてもうまく付き合いながら生きていく「ウェルビーイング」の考え方が重要だとされている。

今回設立した新会社・サプリムの強みは、エムスリーが抱えるプラットフォームや医療の知見と、ソニーのデジタル技術やエンタメビジネスなど、多様な事業で培ってきたクリエイティビティにある。

エムスリーの片山執行役員とソニーグループの御供俊元執行役専務は、今回の新会社設立で目指すものについて、それぞれ次のように語った。

「『健康で楽しく暮らす人を一人でも多く増やすこと』これを目指し、患者さんが前向きに、楽しく治療に向き合える医療を実現していきたいと思っています」(エムスリー・片山役員)


「今回設立する新会社ではこうした両者の強みを活かしウェルビーイングを実現する総合的なデジタルヘルスケアソリューションの実現を期待しています。」(ソニーグループ・御供専務)

長くつらいと思われがちな治療の中に、「楽しさ」がある意味は大きい。記者会見では、その一環としてソニーが持つIP(映画や音楽などのコンテンツ)の活用についても、これから前向きに検討していきたいとの見方が示された。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み