無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


マリウポリで3つ目の集団墓地を発見…「ロシア軍は食料と引き換えに市民に墓を掘らせている」市長が証言

破壊されたマリウポリの市街地。

破壊されたマリウポリの市街地。

Leon Klein/Anadolu Agency via Getty Images

  • ロシア軍に包囲されたマリウポリ市の郊外で3つ目の集団墓地が発見されたと、同市の市長が述べた。
  • ロシア軍は、食料や水と引き換えに、地元の人々に墓穴を掘らせていると、ヴァディム・ボイチェンコ市長は述べた。
  • 破壊された市街地は、何週間も電気、水、通信が遮断されている。

マリウポリのロシア軍は、食料と水と引き換えに、地元のウクライナ人に大量の墓穴を掘らせていると、同市の市長が2022年4月26日に述べた。

マリウポリ市議会はテレグラムへの投稿で、数週間にわたってロシア軍に包囲され、空爆を受けていたこの港町の郊外で、3つ目の集団墓地が発見されたと発表した。

この投稿には、マリウポリから約5マイル(8km)離れたロシア占領下のスタリ・クリム村にある集団墓地を示すと思われる衛星写真が含まれている。この画像は、アメリカのPlanet Labsが撮影し、Radio Free Europeが最初に報道した。

マリウポリ市長のヴァディム・ボイチェンコ(Vadym Boychenko)は、市議会のテレグラムに掲載された声明の中で、「我々がこれらの集団墓地を知っているのは、ファシストが(私には他に言いようがない)食料を引き換えにして地元の人々を埋葬に従事させているからだ」と述べた。

そして「彼らは食料と水を得るためには『一生懸命働く』ことが必要だと言われた」と彼は付け加えた。

「今、マリウポリには十分な人道的援助がないので、人々はそれを余儀なくされている」

Insiderは、ボイチェンコ市長の主張を独自に確認することはできていない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular