無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


長期休暇に行ってみたい…世界の隠れた絶景名所11選

絶景の海

Shutterstock/Visual Collective

ゴールデンウィークをはじめとする長期休暇は、旅行する絶好のタイミングだ。

Q&Aサイト「Quora」のスレッドの中では、旅行先として適した「まだ無名な場所」について語られている。Business Insider Japanでは、それらの回答の一部をQuoraの協力を得てまとめた。


1. タナガ島(アメリカ)

タナガ島

アリューシャン列島アラスカ州アンドリアノフ諸島西部にあるタナガ島。

Shutterstock/photomatz

この島を見ることができたのは幸運だった。太平洋に注ぐ不思議な滝と、2つのそびえたつ火山を、実際に見たことのある人はなかなかいないだろう。全島を巡るツアーに参加すれば、忘れられないバケーションになることは間違いなしだ。


2. スケルトンコースト(ナミビア)

スケルトンコースト

世界で最も危険な海岸ともいわれるスケルトンコースト。

Shutterstock/Smelov

巨大な砂丘と打ち寄せる波、砂漠と並存する強大な大⻄洋、そして多くの野生動物に驚かされた。この人里離れたビーチには、あまり観光客は訪れない。


3. ゲーツ・オブ・ザ・アークティック国立公園(アメリカ)

ゲイツ・オブ・ザ・アークティック国立公園

氷河、高山、密林などのある場所を囲む豪華な風景。

Shutterstock/West Coast Scapes

訪問者の少ない名所といえば、アメリカで最も訪問者数が少ない場所の1つと言われる国立公園。公園全体が北極圏に位置しており、名前は「北極圏の扉」を意味する。これだけ素晴らしい景色なので、もっと多くの人に見てもらえないのが残念。


4. ロード・ハウ島(オーストラリア)

ロード・ハウ島

世界遺産に登録されているロード・ハウ島は、シドニーとブリスベンから飛行機で2時間以内の距離にある。

Shutterstock/Tomacrosse

オーストラリア本土というより南太平洋のような風景。2週間くらい過ごしたいくらい雄大な場所だった。永住者はわずか300人、一度に許可されている訪問者は400人に制限されている。


5. パラダイス・ベイ(南極大陸)

パラダイス・ベイ

氷河が分離して氷山となり、アザラシ、ペンギン、海鳥の休憩場となっている。

Shutterstock/Foto 4440

南極に驚かされただけではない。パラダイス・ベイには時折氷河が分離する以外の音がなく、入り江は自然がそのまま残っている。ほとんどのクルーズ(ツアー)でそこに行くことができるだろう。


6. カラーキャニオン(エジプト)

カラーキャニオン

さまざまな色彩の岩肌が見られる不思議な景観が広がる。

Shutterstock/Mountains Hunter

このような地形はアメリカで最も美しい州の1つである、ユタ州でも見ることができる。しかし、この写真の美しい景観は、シャルム・エル・シェイク(エジプトのリゾート地)の北に位置し、エジプトを訪れる他の観光客から遠く離れているため、何か特別なものがある。

同じく無名の場所を旅する友人よりリードしていることを実感できるだろう。


7. 共同警備区域・板門店(韓国・北朝鮮)

共同警備区域

韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある約800m四方の地域。

Shutterstock/Yee Hui Lau

韓国で休暇を過ごしながら韓国の非武装地帯を見に行くのは非日常的な体験だ。共同警備区域の⻘い小屋に実際に行くことができるツアーに参加すれば、歴史と今をめぐる複雑な国際関係について、深く考えさせられることになるだろう。


8. ウェストフィヨルド(アイスランド)

ウェストフィヨルド

アイスランドの左上に位置するくねくねとした半島。

Shutterstock/Alexey Stiop

アイスランドを訪れる旅行者のうち、観光客が少ないこの地域を訪れる人はほとんどいないだろう。そのため、幸いなことに手つかずの自然が残っている。


9. コージーコーナービーチ(オーストラリア)

コージーコーナービーチ

パースから3時間半の距離にある美しいビーチ

Shutterstock/lkonya

オーストラリアの南⻄端にあるコージー・コーナー・ロードが、同じ名前の美しいビーチに向かう途中にある。投稿者はこの道路はアメリカ本土から世界で最も遠い地域の1つだ、とコメントしている。


10. トロムソ(ノルウェー)

トロムソ

北極圏の上にある小さな町、ノルウェー人以外で訪れる人はほとんどいない。

Shutterstock/DANIEL TENFEN

魅力的で美しくロマンチック、食事も美味しく、夏でも雪をかぶった山々に囲まれ、夏の間中太陽が沈まず、冬にはオーロラが簡単に見られるという魅力がある。


11. モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

モスタル

歴史的な背景も大きいモスタル。

Shutterstock/Cristi Popescu

1990年代半ばの戦争で受けた弾痕や迫撃砲の傷跡を建物に映し、生き残ったオスマン建築を見て、素晴らしい地元料理を食べる。 モスタルの町は間違いなく訪れる価値がある。

[原文:What is an absolutely obscure place that you traveled to that would be good for vacations?

(翻訳、編集・中尾咲希西山里緒

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み