無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


シートは1つだが夢はいっぱい…3輪EV「ソロ」試乗レポート

エレクトラ・メカニカの「ソロ」

エレクトラ・メカニカの「ソロ」。

Tim Levin/Insider

  • エレクトラ・メカニカの「ソロ」に試乗した。1万8500ドルで、1人乗りの3輪電気自動車(EV)だ。
  • カナダのスタートアップ企業、エレクトラ・メカニカは「ソロ」で都市部での移動手段に革命を起こすと述べている。
  • この小さなEVを試乗して一番良かったのは、行く先々で笑顔と注目を集めたことだ。

アメリカ人は大きなものが好きだというのはよく言われることだ。大きなハンバーガー、大きなショッピングモール、大きな家。車を買う場合も大きなものが欲しいと考えるだろう。

2021年、アメリカの購買層は40年連続で、他のどの車種よりもフォードFシリーズ(Ford F-Series)のピックアップトラックを多く購入した。また、新車販売台数の半分以上がSUVだった。しかし、一般の人が本当に必要とする車とはどのようなものなのだろうか。また、純粋な実用性への欲求は、どこで「古き良きアメリカ」が理想とするものと一線を画すのだろうか。

カナダのEVスタートアップ、エレクトラ・メカニカ(ElectraMeccanica)が開発した車もそうした疑問を投げかけてくる。それが、目を疑うような外観の3輪電気自動車(EV)「ソロ(Solo)」だ。1人乗りであることから、そう名付けられた。

多くの人は、ほとんどの場合1人で車を運転する。しかも、それほど遠くへ行くわけでも、たくさんの荷物を積むわけでもない。そこで、航続距離が約160km、トランクにスーパーの袋がいくつか入る1人乗りの車であれば、従来の車よりも安く、効率的に多くの人のニーズを満たすことができるだろう、というのが開発した理由だという。

エレクトラ・メカニカの「ソロ」

エレクトラ・メカニカの「ソロ」。

Tim Levin/Insider

エレクトラ・メカニカは、この1万8500ドル(約240万円)の「ソロ」が都市部での移動手段に革命を起こすと述べている。そう確信しているので、生産台数を増やすために、これまでの中国に加えて、アリゾナ州に新工場を建設中だという。

2022年4月初旬、エレクトラ・メカニカがマンハッタンで試乗会を開催するというので、筆者はそのチャンスに飛びついた。

第一印象

初めてソロを見て、その小ささに衝撃を受けた。写真では普通の車の半分くらいのサイズに見えたが、実物を見ると4分の1くらいに見える。しかし車内は、身長185cmの私でも広々として感じられた。居心地がよく、窮屈でもない。

エレクトラ・メカニカの「ソロ」

エレクトラ・メカニカの「ソロ」。

Tim Levin/Insider

ソロには一般的な車と同様に暖房、冷房、Bluetooth付きラジオ、シートヒーター、カップホルダーなど、快適性を高める装備が豊富に用意されている。インテリアはベーシックで少し安っぽい感じもするが、高級感を売りにしているわけではない。

テストドライブ

試乗できる時間は20分ほどしかなかったので、最高速度の129km/hを出したり、車庫入れを体験したり、コストコで買い物をしても荷物を積み込めるかを試したりといったことはできなかった。しかし、混雑した都市部でソロを走らせるとどんな感じになるのか、その感触はつかめた。

エレクトラ・メカニカの「ソロ」

エレクトラ・メカニカの「ソロ」。

Tim Levin/Insider

発進するときは、多くのEVと同様にソロも一気に加速していくのかと多少期待していたが、そうではなかった。56馬力のソロはそれほど速くはない。それでも運転するのはスリリングだった。車体がとても低いので、まるでサーキットから抜け出したゴーカートで走っているような気分になった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み