無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクもリチウム市場に参入?価格高騰・供給不足の解消には「克服すべき3つの難関」と専門家

マスク

2020年1月、中国・上海でテスラモデル3のイメージを示すスクリーンの横で話すテスラのイーロン・マスクCEO。

REUTERS

テスラのイーロン・マスクCEOは最近行われた決算説明会で、電気自動車(EV)業界は新しいリチウム電池関連の起業家やスタートアップ企業を必要としていると投資家たちに語った。また、最近のツイートで、リチウム価格が「非常識なレベル」に達したため、テスラ自身がこのビジネスに参入するかもしれないと書いている。

しかし、この分野への参入は簡単なことではない。テスラやそのライバルと競ってリチウムイオン電池を供給しようとしているスタートアップ企業は、キャッシュを手にする前にいくつかの重要な課題をクリアしなければならない。

リチウムは、世界中のハイテク企業だけでなく、EVの製品ラインに何千億円も注ぎ込んでいる自動車メーカーやスタ―トアップ企業にとっても重要なものだ。リチウムイオン電池の価格とデータ評価を行うベンチマーク・ミネラル・インテリジェンス(Benchmark Mineral Intelligence)によると、2030年までにこの分野は343億ドル(約4.4兆円、1ドル=130円換算)の市場になる可能性があるという。

リチウムへのアクセスはEVの運命を左右する可能性がある。そのため、自動車メーカーは十分なバッテリーの供給を確保するために、ベンチャー企業への投資や提携を進めている。

フォードは最近、塩水から直接リチウムを抽出しているスタートアップ企業のレイク・リソーシス(Lake Resources)と契約を結んだ。ゼネラル・モーターズ(GM)も、リチウム製品のスタートアップ企業のコントロールド・サーマル・リソーシス(Controlled Thermal Resources)と協力して自社のニーズに備えている。一方、テスラは、中国のガンフォンリチウム(Ganfeng Lithium Co. Ltd.)と契約を結んだ。このように、リチウムをめぐる動きは枚挙にいとまがない。

「リビアン、フォード、GM、テスラなど、企業はどこも必要な原材料が手に入らなくなるのでは、という懸念を切実に訴えています」と全米鉱業協会のリッチ・ノーランCEOは言う。「これらの原材料がいかに不可欠であるかということを真剣に考えているのです」

しかし、リチウムの採掘、加工、調達に課題がないわけではない。本稿では、EV用のリチウム事業における3つの難関を、スタートアップ企業がどう乗り越えようとしているのかを紹介する。

タイムライン

リチウムをEV用電池の原材料に加工する以前に、そもそもリチウムの採掘には、土地の選定から許認可、建設開始まで膨大なプロセスが必要になる。また、新規のリチウムプロジェクトは未開発地域の開発で資源を大量に消費するため、軌道に乗せるのは困難だ。既存のリチウム生産企業の規模を拡大することは容易だが、その場合にも時間的な制約がある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular