無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


さまざまなメタバースの土地を購入して開発する「仮想不動産デベロッパー」とは

2022年3月にメタバースで開催された「ファッションウィーク」で、ドルチェ&ガッバーナは人間のモデルの代わりにデジタルの猫を採用した。

2022年3月にメタバースで開催された「ファッションウィーク」で、ドルチェ&ガッバーナは人間のモデルの代わりにデジタルの猫を採用した。

Metaverse Group

  • メタバース・グループは、さまざまなメタバース空間で広大な仮想の土地を所有している。
  • 同社は単なる地主ではなく、広告主が望むような空間を構築できる開発者を抱えているのだ。
  • また、Forever 21のバーチャル店舗を設計し、メタバース初の「ファッションウィーク」を開催した。

いわゆるメタバースで「土地」を買うという意味が今ひとつよく分からなくても大丈夫。それはあなただけではない。このコンセプトは、まだ一般に受け入れられているという状況にはほど遠い。

しかし、だからといって、人気が衰えているわけではなく、1兆ドル(約130兆円)規模の市場になる可能性があると言う支持者もいる。

メタバースの不動産業界の主要プレイヤーの1つであるメタバース・グループ(Metaverse Group)は、仮想空間の地主として着々とその地位を確立している。同社の親会社であるトークン・ドットコム(Tokens.com)のアンドリュー・キグエル(Andrew Kiguel)CEOは、1000万ドル(約13億円)以上の資金をデジタル不動産の購入に費やしてきたとInsiderに語っている。

同社にとって、これは広告スペースへの初期投資であり、人々の注目を集めるためのものだ。

「15年前から、Facebookやインスタグラム(Instagram)をスクロールすると、広告が流れてきた」とキグエルは言う。

「10年、15年、20年前に戻って、まだ黎明期であったソーシャルメディアプラットフォーム内のスペースを購入できたとしたら、そのスペースで何でも好きなことができ、非常に価値のあるものになっただろう」

地主と不動産デベロッパーのハイブリッド

ディセントラランドにあるトークン・ドットコムの「トークン・タワー」。

ディセントラランドにあるトークン・ドットコムの「トークン・タワー」。

Metaverse Group

メタバースは、いずれデジタル世界を席巻するだろう。そこではARグラスやVRヘッドセットを装着することで、リビングに居ながらデジタルアバターを通して、人々が交流できるようになる。しかし今はまだ、これらのスペースは生まれたばかりの個々の空間に過ぎず、相互のつながりはほとんどない。

それでもメタバース・グループは、ソムニウムスペース(Somnium Space)や、サンドボックス(Sandbox)、ディセントラランド(Decentraland)といったさまざまな仮想空間で土地を獲得することをやめなかった。そのポートフォリオに含まれるサンドボックスではラッパーのスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が「スヌープバース(Snoopverse)」という独自のメタバース空間を構築しており、ディセントラランドは最大かつ最も人気のあるメタバースでイベント開催でもよく知られている。

ディセントラランドは約9万区画で構成されており、企業が所有して開発できるのはそのおよそ半分だ。キグエルは、メタバース・グループがどれだけ投資したのかは明らかにしていないが、2021年11月にディセントラランドの「ファッション・ストリート・ディストリクト」の中心地にある116区画を243万ドル(約3億円)相当の仮想通貨で購入したと述べている。また、2022年4月には「ミュージック・ディストリクト」の34区画も購入している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み