無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


BMWの電動SUV「iX」試乗レポート…賛否両論の外観を忘れるほど素晴らしい1台

The 2022 BMW iX xDrive50.

BMW iX xDrive50。

Tim Levin/Insider

  • BMWのアメリカ向け初の電動SUV、8万3200ドルのiXに試乗した。我々が試乗した車は9万6000ドルのものだった。
  • iXの顔は奇妙に見えるが、快適でラグジュアリーなインテリアを体験すれば、そんなことは忘れさせてくれる。
  • BMW iXは2022年初めにディーラーに到着している。

2022年型BMW iXのルックスについて、あなたは何と言うだろう。「出っ歯」だとか、「鼻の穴が開いている」、または「未来から来た目の細いビーバーロボット」とでも言うだろうか。

これらはすべて妥当な意見ではあるが、いずれにしても、BMWの新しい電動SUVは素晴らしいものだった。

626c3db70983640018c07ec1

BMW iX xDrive50。

Tim Levin/Insider

2020年末にBMW初のアメリカ市場向け電動SUVとして8万3200ドル(約1080万円)のこのモデルが発表されて以来、やはりその見た目が話題の中心となっている。フロントデザインを支配するような巨大なキドニーグリルに注目が集まっているのだ。

ここで言いたいのは、私は見た目がいいとか悪いとかそういう観念を捨て、数日iXに乗って、ありのままのiXを見てきたということだ。この車は驚くほど速く、驚くほどラグジュアリーで、行く先々で存在感を発揮する電動SUVだった。

The 2022 BMW iX xDrive50

BMW iX xDrive50。

Tim Levin/Insider

従来の価値観で見れば、iXは魅力的ではないかもしれないし、意見の分かれるところだろう。しかし確かなのは、この車には「存在感」があるということ。ドラマチックで大胆で、「私はBMW、私は高価、私はここにいる!」と声高に叫んでいるのである。

今回BMWに借りたBMW iX xDrive50は、スポーティなデザインを採用したスポーツ・パッケージ、アップグレードしたインテリア、そしてデスティネーション・フィーを含め、価格は約9万6000ドル(約1250万円)だ。

The 2022 BMW iX xDrive50

BMW iX xDrive50。

Tim Levin/Insider

iXのスタイリングには、好感の持てるところも多々ある。私はミラー、ドアのトリミング、グリルパネルなどに見られるゴールドのアクセントが気に入った。ドアハンドルにはボタンが付いた小さな溝があり流線型で、近未来的な雰囲気を醸し出している。ヘッドライトとテールライトはスリムでスマートなデザインだ。

また、BMWによると、キドニーグリルには、小さなへこみや小傷なら自己修復するポリウレタンコーティングを施しているという。これならこのグリルにいくら侮辱の言葉を投げつけられても大丈夫だ。

The 2022 BMW iX xDrive50

BMW iX xDrive50。

Tim Levin/Insider

iXの座席に着けば、その美しいインテリアで、賛否両論の外観を始めとする他の悩みもすべて忘れてしまうことだろう。車内に足を踏み入れれば、しなやかなレザーに包まれた豪華なパターンのシートが目に飛び込んでくる。そこには周囲から遮断された安らぎの空間が広がっている。

すべてが驚くほどよくできていて、手触りも上質だ。すべてのノブやスイッチ、特にインフォテインメント・システムを操作する大きなクリスタルグラス製のダイヤルは頑丈で満足のいく使用感だ。

The 2022 BMW iX xDrive50

BMW iX xDrive50。

Tim Levin/Insider

デジタルメーターとタッチスクリーンは曲面ディスプレイを採用。ダッシュボード上の曲面パネルにスタイリッシュに配置されている。タッチスクリーンはスワイプやタップにすばやく反応する。センターコンソールはダッシュボードとつながっていないため、脚も当たらず、開放感のある室内空間を作り出している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み