無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イギリス発の水に浮かぶタイニーハウスを見てみよう

ハウスボート「M250」の外観。

ハウスボート「M250」の外観。

Abby Wallace/Insider.

  • わずか23平方メートルながら、暮らしのための設備が整った水上のタイニーハウスを見学してきた。
  • このハウスボートには、リビング、キッチン、ベッドルーム、バスルーム、そしてアウトドアスペースが十分に確保されている。
  • メーカーによると、購入者の中には別荘として使う人もいれば、永住する人もいるという。

このハウスボートは、わずか23平方メートル(250平方フィート)だが、快適に暮らすための十分な広さとなっている。ロンドンのセント・キャサリンズ・ドックに停泊中のハウスボートに乗り込み、その様子を見てきた

ハウスボート「M250」の内部。

ハウスボート「M250」の内部。

Abby Wallace/Insider.


水上タイニーハウスのモデル名「M250」は、その面積が由来だ

ハウスボート「M250」のリビング。

ハウスボート「M250」のリビング。

Abby Wallace/Insider.


内部はコンパクトだが、広く感じられる。ベッドルーム、バスルーム、キッチン、リビング、バルコニーを配置するのに十分な広さだ

ハウスボート「M250」の内部。

ハウスボート「M250」の内部。

Abby Wallace/Insider.


このハウスボートは、On Water Developmentsによって、イギリスで製造されている。同社の共同設立者であるジョン・ウッド(John Wood)によると、数泊の休暇に最適な住居だが、永住用に購入する人もいるという

ハウスボート「M250」のベッドルーム。

ハウスボート「M250」のベッドルーム。

Abby Wallace/Insider.


ハウスボートのどのような点に関心があるかは、人それぞれであり、地域の住宅市場の動向を反映していることが多いと、ウッドはInsiderに語っている

タイニーハウス「M250」のキッチン。

タイニーハウス「M250」のキッチン。

Abby Wallace/Insider.


イギリスの海辺の町やリゾート地では、別荘として購入されることが多い。しかし、ロンドンなどの都市部では、永住用として働き盛りの若い世代からの関心も集めているという

ハウスボート「M250」のベッドルーム。

ハウスボート「M250」のベッドルーム。

Bates Wharf Marine.


購入者は、ハウスボートとそれをマリーナなどで維持する権利の両方をセットで購入することになる。マリーナは自由に選ぶことができ、年間係留料がかかると、ウッドはInsiderに述べている

ハウスボート「M250」のリビング。コンパクトだが風通しが良い。

ハウスボート「M250」のリビング。コンパクトだが風通しが良い。

Bates Wharf Marine.


購入者は、マリーナや湖などの閉ざされた水域にハウスボートを係留することが多い

ハウスボート「M250」のバスルーム。

ハウスボート「M250」のバスルーム。

Abby Wallace/Insider.


見学した「M250」は、On Water Developmentsの初めての小型ユニットだが、同社では、約3倍の大きさで、広々としたリビングやフル装備のキッチンを備えた、モダンな住宅のようなハウスボートも多数販売している

ハウスボート「M250」の外観。

ハウスボート「M250」の外観。

Abby Wallace/Insider.


ハウスボートには小さなバルコニーがあり、テーブルセットを置くのに十分な広さだった。販売を仲介するBates Wharf Marineによると、このハウスボートはコンクリートの桟橋に係留されているという

ハウスボートにも小さなアウトドアスペースがある。

ハウスボートにも小さなアウトドアスペースがある。

Abby Wallace/Insider.


ハウスボートのコンパクトなキッチンには、コンロ、シンク、電子レンジ、冷蔵庫が備え付けられている

ハウスボート「M250」のキッチン。

ハウスボート「M250」のキッチン。

Abby Wallace/Insider.


Bates Wharf Marineのウェブサイトによると、寒い季節のために、リビングに小さなガスストーブがあり、電気パネルヒーターも装備されているという

ハウスボート「M250」のリビング。

ハウスボート「M250」のリビング。

Bates Wharf Marine.

[原文:See inside this floating tiny home that's only 250 square feet and costs around $200,000

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み