無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Buy

ベッドパッドの下に吸湿シートを敷いたら、梅雨がちょっと楽しみになった

IMG_1909

Photo:中川真知子

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

雨の日は湿気で布団がなんとなく重く感じないだろうか。

それでなくても、寝ているときに大量の汗をかいているらしいので、やがてくる梅雨に向けて、快適に過ごす対策を取りたいものだ。

そこで、筆者は寝具の湿気対策に、吸湿シートを使うことにした。

敷くだけで湿気を取り除く

IMG_1914

Photo:中川真知子

AmazonブランドであるUmi(ウミ)の「吸湿センサー付き除湿シート」は、ベッドパッドや敷きパッドの下に敷いて使う吸湿シートだ。

大きさは90×180cmとシングルのマットレスより少し小さいくらい。

IMG_1907

Photo:中川真知子

一般的なシリカゲルよりも粒子径が大きく、多量の水分を吸着できるB型シリカゲルを練り込んだ生地だから、湿気をグングン吸収してくれるそう。

最大でコップ約3倍分の660ccの吸湿量なんだとか。

IMG_1911

Photo:中川真知子

センサーの色がブルーからピンクに変わったら、天日干しのサイン。

再利用できるから、コストパフォーマンスが良さそう

IMG_1913

Photo:中川真知子

家庭で丸洗いOK。衛生的なのは嬉しい。

折りたたむと、小さくなるので扱いも楽だ。

消臭・防ダニにも

IMG_1912

Photo:中川真知子

「吸湿センサー付き除湿シート」は湿気だけでなく、アンモニア臭や汗臭、加齢臭も吸収するとのこと

防ダニ加工もしてあるから、ダニに対する心配も減りそうだ。

カーペットや押し入れにも

「吸湿センサー付き除湿シート」は、ベッドやマットレスに限らず、カーペットや押し入れクローゼットといった湿気がこもりやすい場所にも使える

薄いので、ベッドパッドに下に敷いても寝心地が変化しない。使って1週間程度だが快適だ。梅雨に本格突入したときが楽しみになった。

部屋の湿度状況に合わせて湿気を吸収するだけでなく放出もするらしいので、一年を通して使っていきたい。

※変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

(文、写真・中川真知子/Source: Amazon.co.jp)

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み