無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【動画】コクヨ「キャンパスノート」の工場見学に行ってみた。

文具・家具メーカーのコクヨが生産・販売する「キャンパスノート」。デザインや技術の改良を重ね続け、現在は5代目を数えます。

コクヨの担当者によると、シリーズ累計販売数は約34億冊(2021年12月末時点)。直近では年間約1億冊を販売。およそ1秒間に3冊売れている計算になります。

キャンパスノートはシンプルな造りだからこそ、随所にこだわりが詰まっています。

コクヨを創業した黒田善太郎(1879〜1966)は、ものづくりの心構えとして「売れる原因が一つや二つであれば、すぐ追い抜かれる。何が原因か分からないが“何となくいい”と言われる商品を作らねばならない」という格言を残しているほどです。

一体、キャンパスノートはどうやって作られているのか。どのようなこだわり、理念をもって生産しているのでしょうか。

この度、Business Insider Japanではキャンパスノート製造の中枢「コクヨ工業滋賀」の工場を取材。 併せてキャンパスノートに込める想いを、コクヨグループの一つ「コクヨ工業滋賀」社長の三宅一成さんに聞きました。

【記事】“年間販売1億冊”コクヨの「キャンパスノート」ができるまで。技術者のこだわりに迫る

【動画1】「この1冊に自分を込めて……」コクヨ工業滋賀・三宅社長へのインタビュー

【動画2】キャンパスノート工場見学レポートはこちら

特集企画「だから『老舗』は生き残る」:戦争、災害、不況、そして疫病との闘い……。日本の老舗は、数々の危機をどうやって乗り越えてきたのか。混迷の時代を生き抜くヒントを伝統企業のトップやキーパーソンに聞きます。

(取材:吉川慧小林優多郎

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み