無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


女性は「昇進に直結しない仕事」に男性より年200時間多く費やしている。報われない仕事を上手に断るには?

shutterstock

shutterstock/fizkes

カーネギーメロン大学の経済学教授であるリンダ・バブコック(Linda Babcock)は、教壇に立たない日の過ごし方について気づいたことがある。男性の同僚はオフィスで研究に取り組めているのに、自分は複数の会議に出席することが多いということだ。

バブコックは10年前、男性の同僚とある1日のスケジュールを比較したことがあるという。その同僚の予定は学生の発表会と教授会の2つだけだったのに対し、バブコックは、さらに別の3つの会議、記者との対談、女性団体での講演準備があり、大学教授にとって昇進に不可欠な研究に取り組む時間は、わずか1時間しか残されていなかった。

「ちょっと気まずい雰囲気になって、思わず2人で笑ってしまいました。彼は『これはいったい何の仕事? どうしてこんな状況になったんだ?』と聞いてきました」とバブコックは話す。

この出来事をきっかけに、バブコックは同僚と4人で「ノー・クラブ(No Club)」を立ち上げた。メンバーは、カーネギーメロン大学の経営学教授ローリー・R・ワインガート(Laurie R. Weingart)、同大の元コミュニケーション学教授ブレンダ・ペイサー(Brenda Peyser)、ピッツバーグ大学の経済学教授であるリース・ベスターランド(Lise Vesterlund)だ。

4人は昇進につながらない仕事を見極め、「ノー」と言えるよう互いにサポートし合っている。一方で、学術界から接客業まであらゆる業界において、なぜ女性たちが誰もやりたがらない報われない仕事を任されてしまうのかを理解するため調査を行った。

その結果、女性は年齢に関係なく、昇進と直結しない仕事を請け負う傾向が男性よりも48%高いことが分かった。女性は、インターンの選考や手のかかるクライアントへの対応、新しいチームメイトのサポート、同僚の仕事の穴埋めなど、昇進に直結しない仕事に年間平均で200時間男性よりも多く費やしている

『ノー・クラブ』の共著者

『No Club』の共著者。(左から)ローリー・R・ワインガート、リース・ベスターランド、リンダ・バブコック、ブレンダ・ペイサー。

Sally Maxson

これらの結果は、女性支援団体リーンイン(Lean In)とコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company)が2021年に共同で実施した調査結果とも一致している。女性は職場で感情労働(自分の感情をコントロールしながら相手にポジティブな働きかけをする職務)を担うことが圧倒的に多いものの、それが成果として正当に評価されることはほとんどないことを示していた。

バブコックはメンバー4人で『The No Club: Putting a Stop to Women's Dead-End Work(未訳:ノー・クラブ——女性の発展性のない仕事への対処法)』を共同執筆し、2022年5月に出版した。そんなバブコックらに、職場で「ノー」と言いやすくなる方法を聞いた。

昇進につながらない仕事の見分け方

多くの女性が上司から依頼される仕事は重要なものに違いないと思っているが、実際にはそうでないことが多いとバブコックらは指摘する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular