無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


蒸気を吸ってパリパリ食感をキープ。 パンをおいしく食べるために生まれたトースト皿

文字

こちらの記事は、ライフハッカー[日本語版]より一部編集の上、転載しています。

トーストしたパンをお皿に乗せると、接している面がジトジトしてしまう…。これは、パンから出る蒸気が原因。

この“ジトジト現象”を防ぐには、蒸気への対策をとる必要がある。

そこで紹介したいのが、MARNA(マーナ)の「エコカラットトースト皿 K686」だ。

トーストのパリッと感を保ってくれる理由は、「多孔質セラミックス」。珪藻土の約5倍の吸・放湿性を備えた調湿壁材だ。

エコカラッとトースト皿 K686」は、約14.6×16.4×0.8cmとトーストが1枚のる程度の大きさ。

周囲に何か置く余裕を設けていないのは、トースト以外の料理や調味料、バターなどが付着するとシミになってしまうから。まさに、トーストをおいしく食べるためだけに生まれたお皿というわけだ。

カラーバリエーションは、ブルー/グレー/ホワイトの3色。

お手入れは、台所用中性洗剤で洗った後によくすすぎ、500Wの電子レンジで3分間ほど加熱して乾燥させればOK。

これからの季節は、麦茶ポットやピッチャー用のコースターとして使っても良さそうだ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものとなります。変更の可能性がありますので、詳細は販売ページをご確認ください。

(文・ 中川 真知子 、Image/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み