無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


永久在宅勤務を認めたエアビーCEO「オフィス勤務は時代錯誤」「ハイブリッド型も長続きしない」

Airbnb co-founder and CEO Brian Chesky.

エアビーアンドビーの共同創業者兼CEOのブライアン・チェスキー。

Kimberly White/Getty Images

  • エアビーアンドビーのブライアン・チェスキーCEOは、給与を減らすことなく社員が恒久的にリモートワークできるようにすると発表した。
  • タイム誌のインタビューでチェスキーは、「我々が知っているようなオフィスの時代は終わった」と述べた。
  • 彼は、週3日オフィスで働くハイブリッドモデルに欠陥があると考える理由も説明した。

エアビーアンドビー(Airbnb、以下エアビー)のブライアン・チェスキー(Brian Chesky)CEOにとって、オフィスで仕事をすることはもはや過去の遺物であるという。

2022年5月8日に公開されたタイム(Time)誌の「The Leadership Brief」で彼は、オフィスは「デジタル化以前の時代のもの」であり、「時代錯誤の形態」であると考えていると述べた。これは、エアビーが「給料をカットされることなく、恒久的にリモートワークが可能になる」と2022年4月29日に発表したことに対するチェスキーのコメントだ。彼は人材プールを拡大できていることを挙げ、この2年間はリモートワークによって過去最高の生産性を誇ったこと話している。

「我々が知っているようなオフィスは、もう終わったと思う」

「1950年はもとより、2019年にもしがみついてはいけない。前進しなければならないのだ」

そして彼はこう続けている。

「もし、オフィスが存在しないとしたら、我々はそれを発明するのだろうか。もし発明したとしたら、それは何のためだろうか。もちろん、病院に行って仕事をする人、カフェに行って仕事をする人にとっては職場としての完璧な意味があるし、理にかなっている。しかし、ノートパソコンで仕事をする人にとって、オフィスは何をする場所なのかという疑問があると思う」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み