無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ボルネオで見つかった「謎のサル」は生態系からの警告かもしれない

シルバーラングール(左)とテングザル(右)。

シルバーラングール(左)とテングザル(右)。

Getty Images

  • 発見された「謎のサル」は、遠縁にあたる2種のサルが混血した希少な例である可能性であることが、新たな研究論文で示唆された。
  • この研究によると、遠縁の種同士の交配は「野生ではほとんど観察されていない」という。
  • この混血のサルは、生態系のバランスが崩れていることを示す「警戒すべき徴候」である可能性が高いと、論文の著者らは述べている。

ボルネオ島で目撃された「謎のサル」は、遠縁にあたる2種のサルが混血した希少な例である可能性が高いと、International Journal of Primatologyに掲載された研究論文が示唆している。

マレーシアのボルネオ島キナバタンガン川の近くで目撃されたこの謎の霊長類は、同じ森林に生息する遠縁の2種、テングザルとシルバーラングールの子どもである可能性が高いと研究者は述べている。

近縁種が交配して混血が生まれることはあるが、遠縁種同士の交配は「野生ではほとんど観察されていない」という。

この2種は別の属であり、見た目も大きく異なる。テングザルの成獣は赤茶色の毛に長い鼻を持つ。一方、シルバーラングールの成獣は毛先だけが灰色になった黒い毛に覆われ、凹凸の少ない顔をしている。

両種の身体的特徴を持つ「謎のサル」の写真は、このリンクから見ることができる。

新型コロナウイルスの流行により、現地調査ができなかった研究者たちは、2017年にSNSに掲載された写真で初めて、当時はまだ生まれて間もないこの謎の霊長類を確認した。2020年に撮影された写真によると、このサルは今や大人のメスとなり、子どもがいるようだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み