無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


プーチン大統領、戦勝記念日の演説で「戦争」に言及せず…「祝うべき勝利がなかったと認めた」米国連大使

2022年5月9日、ロシア・モスクワの赤の広場で行われた戦勝記念日パレードに出席したロシアのウラジーミル・プーチン大統領とセルゲイ・ショイグ国防相。

2022年5月9日、ロシア・モスクワの赤の広場で行われた戦勝記念日パレードに出席したロシアのウラジーミル・プーチン大統領とセルゲイ・ショイグ国防相。

Getty Images

  • プーチンは、戦勝記念日の演説でウクライナでの戦争について何らかの発表をすると予想されていた。
  • 彼が正式に戦争を宣言するか、ロシアが勝利したと発表するだろうと考える人もいたが、どちらでもなかった。
  • 「プーチン大統領は、祝うべき勝利がないことを認めた」と、アメリカのリンダ・トーマス=グリーンフィールド国連大使はCNNに述べた。

ロシアのウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)大統領が2022年5月9日の戦勝記念日の演説で、ウクライナでの戦争について重大な発表を行うのではないかと予想されていたが、結局、戦略を転換することはなく、主にクレムリンが数カ月間流布してきた紛争に関する根拠のないプロパガンダを押し付けることに終始した。

欧米の政府関係者や専門家は、プーチン大統領がウクライナに正式に宣戦布告するか、あるいは勝利を宣言するのではないかと考えていた。しかし、彼はそのどちらも行わず、代わりに戦争を正当化する理由を繰り返し述べ、西側、NATO、ウクライナが「先制」侵攻する以外の選択肢を与えなかったというシナリオを押し通した。

「プーチン大統領は、祝うべき勝利がないことを認めた」と、アメリカのリンダ・トーマス=グリーンフィールド(Linda Thomas-Greenfield)国連大使はCNNに語った。「彼はウクライナに乗り込んだものの、数日で彼らを屈服させることはできなかった」と彼女は付け加えた。

ロシアはこれまでのところ、戦争で大きな成果を上げることができず、2月24日に侵攻を開始して以来、最大で1万5000人の兵力を失ったと推定されている。ウクライナの首都キーウの占領に失敗したロシア軍は現在、東部のドンバス地方に目を向けている。

「プーチン大統領は、祝う勝利がないことを認識している...彼はウクライナに乗り込んだが、数日で彼らを屈服させて、降伏させることはできなかった」

アメリカのリンダ・トマス=グリーンフィールド国連大使。ロシアが第二次世界大戦の勝利を祝う「戦勝記念日」に。

ロシアでは毎年5月9日にナチスドイツの降伏を記念して戦勝記念日を祝う。プーチン大統領はこの日の演説の中で、ロシアを世界における善の力だとして、ロシア軍がウクライナでネオナチと戦っているという偽りの主張をした。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular