無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクの「日本は消滅する」発言で議論噴出…米専門家は子育てのコストや移民政策について指摘

イーロン・マスクの「日本は消滅」に識者が反応

REUTERS/Andrew Kelly

  • イーロン・マスクは、出生率が上がらなければ「日本は消滅する」と警告した。
  • このツイートは、移民政策や子育てのコストに関してネット上の議論を巻き起こした。
  • 専門家は、日本の出生率はジェンダー平等の大きな問題を示しているとInsiderに語った。

イーロン・マスク(Elon Musk)が日本の出生率に注目し、人口を増やす努力をしなければ、日本は消滅の危機にあると警告した。

世界で最も裕福な人物であるマスクは、日本の人口が2021年、過去最高の64万4000人減少したという記事のデータに対するコメントをTwitterに投稿した。

「当たり前のことを言うが、出生率が死亡率より高くなるような何らかの変化をもたらさない限り、日本は消滅するだろう」と、マスクはツイートした。

「これは、世界にとって大きな損失となる」

マスクの多くのツイートと同様に、このメッセージはすぐにネット上の議論を呼び、移民政策や子育ての高いコストにまで話が及んだ。

日本の将来の人口は、移民による増減(他国から日本への転入者数−日本からの転出者数)にも左右されるため、それほど単純ではない。

こんなことをつぶやいて何の意味があるのだろうか。日本の人口動態の将来をめぐる不安は、「日本がいずれ消滅する」ことではなく、人口減少に伴う社会の混乱にある。

ミシガン大学人類学名誉教授で日本に関する専門家であるジェニファー・ロバートソン(Jennifer Robertson)は、マスクの警告を「無知」と誇張の例としてみなしているとInsiderに語った。

「日本では、性別による分業が完全に平等なで人口が少ないことの価値と、そうではなくて人口が多いことの価値について、議論が加熱している」とロバートソンは語った。そして、「政治家は、なぜ女性(そして多くの男性)が結婚しないのか、結婚しても子どもを持たないのか、その理由について無頓着なままだ」として、一人親が直面する差別や子どもに関するコスト、日本での育児の選択肢が少ないことなどを指摘した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み