無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスク、前大統領のアカウント凍結解除を示唆…「道徳的に間違っていて、とても愚かなこと」

ドナルド・トランプ前大統領。

スマートフォンを操作するドナルド・トランプ前大統領。

Getty

  • テスラのイーロン・マスクCEOは、買収が成立すれば、Twitterの新しいオーナーになる。
  • マスクは、このソーシャルネットワークを所有したら、トランプ前大統領のアカウントを復活させると述べている。
  • 彼はトランプ前大統領を追放したTwitterの決定を、「道徳的に間違っているし、とても愚かなことだ」とした。

億万長者でテスラCEOのイーロン・マスク(Elon Musk)は、2022年末にTwitterの買収が成功すれば、ドナルド・トランプ前大統領(Donald Trump)のアカウントを復活させるだろうと述べた。

「私なら凍結を撤回する」と、マスクは5月10日午後(現地時間)のフィナンシャル・タイムズのライブインタビューで語った。

「我々は永久追放などするべきではない」

さらに、2021年1月にトランプ氏を追放したTwitterの決定を、「はっきり言って道徳的に間違ったことであり、とても愚かな措置だ」と批判した。

当時、Twitterは2021年1月6日に起きたアメリカ連邦議会議事堂での暴動事件を受け、「さらなる暴力の扇動につながる恐れがある」としてトランプ氏のアカウントを停止した。

彼はアカウント停止の背後にある論理に触れ、それでも永久禁止令を正当化することはできないと述べた。

「永久追放は、誰もが意見を言える街角の広場としてのTwitterへの信頼を根本から損なうものだ。間違ったツイートやよくないツイートがあれば、それらは削除されるか、不可視化されるべきだし、一時的な凍結は適切だ。しかし、永久に凍結する必要はない」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み