無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「中国は2030年までに台湾に侵攻できるよう軍備を整えている」米国家情報長官

Chinese President Xi Jinping.

中国の習近平国家主席。

REUTERS/Kevin Yao

  • 「中国は2030年までに台湾を征服するために軍備を整えている」とアメリカの情報機関の高官が語った。
  • アメリカのアブリル・ヘインズ国家情報長官は「ロシアのウクライナ侵攻が中国の計画にどのような影響を及ぼしているかはまだ分からない」と述べた。
  • 中国は台湾が本土の一部であると主張しているが、台湾は独立の立場を強く守り続けている。

アメリカの情報機関の高官が、2030年までに中国が台湾を制圧できる自国軍の構築に着手していると述べた。

アメリカの情報機関を統括するアブリル・ヘインズ(Avril Haines)国家情報長官は2022年5月10日、「中国は台湾を軍事的に制圧できるような状態にするために努力しているというのが我々の見解だ」と上院軍事委員会で述べた

ヘインズ長官は、現在から2030年までの間、中国の台湾への脅威は「深刻」だと述べた。

中国は海岸から100マイル(約160キロメートル)離れた人口2300万人の島国である台湾を、本土の一部であると長年にわたって主張してきた。しかし台湾は数十年の間、自主統治を続けており、その独立性を強く主張している。

Avril Haines.

アブリル・ヘインズ国家情報長官

Pool/Getty Images

2022年2月にロシアがウクライナに侵攻して以来、専門家や欧米の政府関係者は中国を注視し、世界的なロシアへの反発と制裁が中国政府を抑止しているかどうかを見極めようとしている。

「ロシアとウクライナの危機から中国が学んだ教訓がどのように今後の予定に影響するのかを述べるのは難しい」とヘインズ長官は述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み