無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


硬いバターが塗りやすく、美味しく使えるバターナイフ3選

バター01-1

こちらの記事は、ROOMIEより一部編集の上、転載しています。

美味しいけれど、硬くて扱いにくいバター。使うときに適当に削っているという人も多いのではないだろうか。

そんな困りごとを解決してくれる、バターナイフを3つ紹介する。

なお、それぞれの表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

バターを四角くカットして、そのまま塗れるバターナイフ

バター02

Image: Amazon.co.jp

貝印の「四角く切れるバターナイフ」は、四角くキレイにバターをカットできる。これなら「取りすぎた!」なんてこともないだろう。

たくさん刃物を製造しているメーカーである貝印製なので、切れ味も期待できそうだ。

バター03

Image: Amazon.co.jp

バター04

Image: Amazon.co.jp

バターを四角くカットしたら、そのままバターナイフとして使用可能。塊のバターからトースト1枚分をとって、塗る作業がスムーズにできそう。

ステンレス製なので丈夫な上に、衛生的。見た目もスタイリッシュなので、食事がいっそう楽しめそうだ。

バターを筋状に削げるバターナイフ

バター05

Image: Amazon.co.jp

Happyストアの「バターナイフ」は、洋食器メーカーの職人が作った日本製のバターナイフ。バターを細かく筋状に削いで、トーストの上に薄く塗り広げることができる。

冷蔵庫から取り出したばかりのバターが塗りにくいというストレスから解放される。

バター06

Image: Amazon.co.jp

細かい筋状にすることでバターの摂取量が減り、カロリーもその分オフ。しかも、バターがふんわりとして新触感の美味しさに。

バター07

Image: Amazon.co.jp

バターだけでなく、チーズをパスタの上で削ったり、お菓子作りのときにチョコレートを削ったりできて便利。

さらに食器洗い乾燥機の使用もできるので、手間なく使えるのも嬉しいポイントだ。

手の熱が伝わり、ほどよくバターを溶かすバターナイフ

バター08

Image: Amazon.co.jp

硬いバターを塗りやすくしてくれるバターナイフはほかにもある。

スケーターの「熱伝導アルミ製バターナイフ」は熱伝導力に優れており、握ると熱がバターに伝わって、スッとすくえるのだそう。

バター09

Image: Amazon.co.jp

バター10

Image: Amazon.co.jp

ナイフの接触面だけをとかすので、バター全体の風味を損なうことはない。また、先端部は波型ナイフになっているので、ビン入り食材もすくいやすそう。

バターナイフはどれも同じだと思っていたけれど、こんなに便利なものがいろいろあるのは驚き。

ちょっとこだわるだけで、食事の時間が快適になり、料理がもっと美味しくなりそうだ。

Amazon.co.jp(1, 2, 3

Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み