無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


詳報:初めて捉えた「天の川銀河」中心の巨大ブラックホール。再び手にした“宇宙に浮かぶリング”の価値

BH

EHTで撮影した天の川銀河中心の巨大ブラックホールの画像。

EHT Collaboration

「私たちの天の川銀河の中心にあるブラックホールを、無事に画像として今日お届けすることができました。観測から実に5年という長きにわたってみなさんが頑張った結果です。本当にこの日を迎えられてよかったと思います。」

国立天文台水沢VLBI観測所長の本間希樹教授はこう語った。

5月12日、世界中の300人以上の研究者が関わる巨大な国際共同研究プロジェクト「イベント・ホライゾン・テレスコープ」(Event Horizon Telescope, EHT)の研究チームが、世界7拠点同時に記者会見を開催。

私たちの星「地球」が属する天の川銀河の中心に存在するブラックホール「いて座A(エー)*(スター)」の姿を初めて捉えたことを発表した。

EHTでブラックホールの姿を捉えたのは、2019年4月に発表された、地球から約5500万光年離れた銀河「M87」のブラックホールに次いで2例目だ。

最も近くにある、巨大ブラックホール

天の川銀河中心の巨大ブラックホール いて座A* (SgrA*)の電波観測画像。

天の川銀河中心の巨大ブラックホール いて座A* (SgrA*)の電波観測画像。

NASA/JPL-Caltech/ESO/R. Hurt(天の川銀河の想像図)、Cho et al.(EAVNの画像)、EHT Collaboration(EHTの画像)

いて座A*は、地球から約2万7000光年先の天の川銀河の中心に位置する、地球から最も近い場所にある巨大なブラックホールだ。その存在自体は以前から予測されており、2020年には「天の川銀河の中心に、コンパクトな『巨大質量の天体』があること」を発見した物理学者らにノーベル物理学賞が授与されている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み