無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イケア、アメリカで住宅用ソーラーパネル事業に進出…約1兆円の市場を巡ってテスラなどと競合

Solar panels are installed at a floating photovoltaic plant on a lake in Haltern, Germany, Friday, April 1, 2022.

ドイツのハルターンの湖の水上太陽光発電所に設置されるソーラーパネル(2022年4月1日)。

Martin Meissner/AP Photo

  • イケアは2022年、カリフォルニア州の一部の店舗でソーラーパネルの販売を開始すると発表した。
  • 同社は2013年からヨーロッパの一部の店舗でソーラーパネルを販売している。
  • イケアはイーロン・マスクの会社テスラ・エナジーの直接競合する可能性もある。

イケア(Ikea)は、アメリカで住宅用ソーラーパネル分野に進出すると発表した

世界最大の家具量販店でもあるイケアは、住宅用エネルギーサービスを提供するサンパワー・コーポレーション(SunPower Corporation)と提携し、「ホームソーラー(Home Solar)」という新たな取り組みを立ち上げると2022年5月1日に発表した。ホームソーラーは2022年の秋、カリフォルニア州の一部の店舗で開始される予定だ。

イケア・アメリカのCEO兼チーフ・サステナビリティ・オフィサー、ハビエル・キニョーネス(Javier Quiñones)は「ホームソーラー・ウィズ・イケア(Home Solar with IKEA) を立ち上げることで、より多くの人たちが、自分たちのエネルギー需要をより適切にコントロールできるようになる。将来的な目標は、さらに多くの店舗でクリーンエネルギーサービスを提供することだ」と、プレスリリースで述べている。

2021年、イケアはスウェーデンで家庭向けに再生可能エネルギーの販売を開始した。各家庭が太陽光発電所や風力発電所からエネルギーを購入し、毎月固定料金でアプリを通じて電力の使用量を確認できるというものだ。イケアはイギリスを含む他の11の市場でもソーラーパネルも販売している。

イケアはこの新たな事業の立ち上げにより、住宅用ソーラーパネルを手掛ける各企業や、イーロン・マスク(Elon Musk)のテスラの子会社で住宅用ソーラーパネルの設計・施工を行うテスラ・エナジー(Tesla Energy)と直接競合することになる。Insiderは以前、このマスクの会社のカスタマーサービスが質が悪さや7万5000ドル(約963万円)もの値上げに関する苦情が立て続けに寄せられたことを報じている

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み