無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


KDDI髙橋社長「(ゼロ円料金)辞める理屈ない」、楽天・三木谷会長の「困る」発言に対抗

髙橋社長

5月13日、KDDIは2022年3月期決算説明会を開催した。

出典:KDDI

楽天モバイルがゼロ円プランの廃止を発表した。三木谷浩史会長兼社長は5月13日の楽天モバイルの会見で「ぶっちゃけ、ゼロ円で使い続けられては困る」と本音を吐露した。

ゼロ円で使い続けるユーザーは収益を生まず、むしろ、赤字要因として楽天グループ全体の足を引っ張っていたのだろう。

同日、楽天モバイルの「ゼロ円困る」発言と対照的に、「ゼロ円を辞める理屈がない」と発言したのがオンライン専用ブランド「povo2.0(ポヴォ2.0)」を展開するKDDIの髙橋誠社長だ。

0円から使えるpovo2.0は「辞める理屈がない」

髙橋誠社長

インタビューに応じる髙橋誠社長。

撮影:石川温

povo2.0は2021年9月の発表当時から、好きな機能をユーザーが自由に組み合わせる「トッピング」という仕組みを採用している。データ容量の追加などのトッピングを何も選ばなければ、少なくとも180日間は、無料で回線維持ができる。

楽天モバイルが0円プランを終了させると発表した5月13日、KDDIの髙橋誠社長は同社の決算会見で「povo2.0はゼロ円を辞める理屈がない」と0円を続けると約束した。

povo2

povo2.0のトッピング一覧。データトッピングの他には通話、サポート、コンテンツのメニューがある。

出典:KDDI

髙橋誠社長はpovo2.0を「モバイル業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)だ」と胸を張る。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み