無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


F-150ライトニング試乗レポート…電源も装備した巨大な「フランク」はとても便利

The 2022 Ford F-150 Lightning.

フォード F-150ライトニング。

Tim Levin/Insider

  • 電気自動車フォードF-150ライトニングをテキサス州の田園地方で試乗した。
  • F-150ライトニングはあらゆる点で優れたピックアップトラックだが、最大の特徴は「フランク」と呼ばれるフロントトランクだ。
  • ライトニングのフランクは大きくて、荷物の出し入れもしやすく、電源コンセントやUSBポートも付いている。

フォード(Ford)の新型電動ピックアップトラック「F-150」は、ガソリンのF-150を上回る多くの新しいメリットを提供している。

F-150ライトニング(F-150 Lightning)は重量があるのにも関わらず、時速60マイル(約96.5km/h)に4秒強で達する。この車の巨大なバッテリーパックの電力は電化製品や工具類にも使え、停電時にはオーナーの家に給電できる。

627d5ba1dd983300191cc0ed

フォード F-150ライトニング。

Tim Levin/Insider

また、自動バックアップ電源は非常時に助けとなるかもしれないが、日常的に使うものではない。2022年5月初めの数日間、F-150ライトニングの試乗をしたときには、良くも悪くもその実力を測ることはできなかった。

実際に試乗してみて、ライトニングの最大の特徴だと確信したのはフロントトランクだ。このフロントトランクはとても便利なものなのに、フォードはこれに「メガパワー・フランク(Mega Power Frunk)」という馬鹿げた名前をつけている。

627d5cf727d5960019ee5812

フォード F-150ライトニング。

Ford

F-150ライトニングの基本構造は、最近の多くの電気自動車と同様、巨大な電動スケートボードのようなものだ。モーターは車軸の下に搭載され、バッテリーは胴体に収まっている。つまり、従来のエンジンで占められていたスペースを使って、楽しいことができるのだ。

627d5ba027d5960019ee579b

フォード F-150ライトニング。

im Levin/Insider

ライトニングのボンネットを開けると、トヨタ・カローラのトランクを上回る広さの荷室が広がっている。もちろん、トラックにはそのままでも十分な収納スペースがあるものだが、ピックアップトラックは一般的に、天候に左右されない、鍵のかけられる収納がない。

その荷台は広々としているだけでなく、キャリーバッグ数個と最大400ポンド(約181kg)の荷物を運ぶことができ、出し入れも簡単だ。

フォード F-150ライトニング。

フォード F-150ライトニング。

Ford

フロント・グリルを持ち上げると、だれにでも使いやすい高さの荷台が現れる。ちなみに同じく電動ピックアップトラックのリヴィアンR1T(Rivian R1T)は、ボンネットが従来の形式のため、上から荷物を入れる必要がある。小柄な人には出し入れが厳しいかもしれない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み